2017/02/07

ジャムは万能調味料だった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●料理がおいしく、楽しくなる万能調味料が
冷蔵庫の中に眠っている
それは
┏━━━━━━━┓
┃ジャム┃
┗━━━━━━━┛

●ジャムを肉料理に使うと・・・
・ジャムの果糖・ブドウ糖が肉の保湿性を保ち、
うま味を閉じ込める
・ジャムのクエン酸・リンゴ酸が肉を柔らかくして
体内での消化を助ける

〜注目情報〜
ジャムに含まれる水溶性食物繊維のペクチンが
中性脂肪や、悪玉コレステロールを減少させて
肥満予防・改善効果があることがわかった。

●ペクチンによる脂肪減少効果
(高脂肪食摂取のラット実験)
脂肪組織の割合
ペクチンなし100%
ペクチンあり80%

●ジャムの健康効果はスゴイ!
・冬太りを防ぎ、肥満予防・改善
・寒さストレスを抑え、ガンを予防
・シミを予防して美肌効果
・インスリンの働きを高め、糖尿病予防
・血液をサラサラにして動脈硬化予防
・中高年に多い骨粗しょう症を予防
・呼吸機能を高め、風邪・インフルエンザ予防

さらに毎日の料理に使うと・・・
食材の栄養成分とうま味が引き出され
おいしさと健康効果が倍増!!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃普段から料理に使わないと損!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●ご飯を炊く時に、ジャムを入れると、『甘み』と『ツヤ』が出て、
『ふっくら』炊き上がり、おいしくなる
さらに
強力な『ガン』予防効果まで得られる。

●ジャムのペクチンのガン予防効果
抗酸化活性値
生の果物3
ジャム(加熱)27(9倍)

●ガン予防
おいしいジャム入りごはんの配合
お米:ジャム(マーマレードかリンゴジャム)
1合(180vv):小さじ1杯

冷めてもおいしく、痛みにくいので
特にお弁当におすすめ

●カロリー比較
砂糖100g399kcal
イチゴジャム100g322kcal
ブルーベリージャム100g345kcal
マーマレード100g270kcal

●ジャムは砂糖に比べてカロリーが低い
しかも
1.5倍の甘さがある

少量でも甘みがつき毎日の料理に調味料で使えば
健康効果が活かせる
スポンサーサイト

続きを読む

2016/12/05

起床時の身体機能を正常にするポイント 

●目が覚めたら30秒間朝の光を見る
  『自律神経』のリズムを整える

   松果体というところでメラトニンというホルモンがあります。
   視交叉上核という目の奥で目の神経が交叉しているところが
   あります。そこに光が入ってきて、どのくらいメラトニンを
   出すかという調整を行っています。
   夜の間はメラトニンがたくさん出て睡眠をしていますが、
   光を30秒間見ることによって、メラトニンをストップ
   させるのです。

 ●朝の光を30秒見た後、朝食に摂ると
  効果的な食べ物は?
  (1)シシャモ
  (2)アサリ
  (3)豆 腐
               答え(2)

   アサリの中にビタミンB12がたくさん含まれています。
   ビタミンB12には、眠りのリズム改善効果があります。
   ホウレンソウには葉酸があり、ビタミンB12の吸収を
   高めてくれます。
   ビタミンB12も葉酸も水溶性ですので、
   スープにして摂ると効果的です。

  先生オススメ
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  アサリとホウレンソウのスープ  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ●起床時は『15分』かけて『水分』を摂る
  身体の水分バランスが整う
  (コップ2杯半 500cc程度)

   一気に飲んでも吸収できないのでゆっくり飲む必要が
   あります。
   また、夜寝ている間に体内から水分が出て行って
   しまっているのでそれを補う必要もあるので
   非常に大切です。

 ●身体の水分バランスを整える効果を高める
  水にひとつまみの自然塩

   自然塩ですと、いろんなミネラルが入っています。
2016/11/21

肩こりを予防する手の刺激

●手には、様々な『経絡』があり、上手に刺激することで
肩こりを即効で改善できる
経絡というのは、ツボの繋がりを言います。
道筋なんですが、何が流れているかというと、今のところ、
「生態電流」と言われています。
電流というと、流れる方向が問題になります。

●手の甲とひらの経絡
手の甲の方は、下から上のほうへ流れています。(指先から肩の方向)
手のひらの方は、肩の方から下に下がっていきます。
この方向にマッサージして下さい。

●肩こりを即効で改善する最も簡単な手の経絡刺激
手の『甲』と『ひら』をこする
ただし
こする『方向』が大切!

・手の甲は『指先』から『手首』に向けてこする
・手のひらは『手首』から『指先』に向けてこする
※それぞれ『30』秒間こすると効果あり

●実験
・この時期、肩こりに悩んでいるKさん
筋肉の硬さを計測(数字が高いほど筋肉が硬い)
刺激前89
刺激後70
筋肉が柔らかくなっていた。

・Hさん
刺激前70
刺激後59
11も減って、肩の筋肉が柔らかくなっていた。

このツボ療法は、即効性があるので、効果が直ぐに現れます。
ただし、欠点として効果時間が短いので、毎日習慣でやっていると
段々と効果時間が延びていきます。
これは肩に繋がるので、五十肩で後ろが痛む人は、手の甲をこすり、
前が痛い人は手のひらをこすると良い。
場所により、経絡の通る道を上手く使ってマッサージをしていると
症状が改善してきます。

●この時期は特に・・・
手の乾燥に要注意!

手の乾燥はよくありません。
いわゆる「干乾びて」しまうんです。

●手が乾燥すると・・・
・感覚神経が鈍くなり、脳の老化が進む
・摩擦が減り、手の運動機能が衰える

細胞の表面に水分がたっぷりあって、はじめて機能します。
水分が無くなると、機能が低下し、触覚が悪くなります。
手のひらが乾燥してきますと、転倒が多くなります。
モノにつかまる時に、手が滑ってしまうので転倒が多くなる。
運動機能も低下し、手の機能も低下します。
手の保湿は大変重要です。

●この時期、気になる手の乾燥を防ぐには・・・
『入浴』後、保湿クリームをつけ、両手を『組んで』
『もみほぐす』と効果倍増

保湿クリームを使う年配の人がほとんどいません。
顔に塗ったついでに、手の方もやって下さい。
指先にも血管が走っています。
水分も血液が運ぶので、マッサージをして下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。