2014/02/13

目からウロコ!の老眼対策?これって老眼??

近くにピントを合わせる力を調節力といいますが、この調節力がだんだん弱くなってきた状態が老眼です。図1は年齢に対する調節力の低下を示したグラフです。すでに10歳くらいから急激に落ちていることが分かります。このようにだんだんと調節力が下がり、早い方では40歳代後半から老眼が始まるといわれています。


--------------------------------------------------------------------------------
question

目の良い人ほど老眼になりやすい?


Answer
老眼のなりやすさは変わりません

 図2の赤い矢印の範囲は、それぞれ遠視、正視、近視の方が見えている範囲です。目は、水晶体というレンズのような部分を厚くすることで近くのものにピントが合うようになっています。しかし、年齢とともに水晶体は硬くなり、筋肉が収縮する力も衰えるため、だんだん水晶体を厚くすることができなくなってしまい、近くのものにピントが合わなくなってしまいます。この状態を"老眼"といいます(図3参照)。もともと近くにも遠くにもピントを合わせることのできる"正視の人"や近くにピントが合いやすい"近視の人"は、老眼になってもテレビや本を見る位の範囲(図3の赤い矢印部分)の視力は残ります。ですが、もともと遠くにピントが合いやすい"遠視の人(一般に視力が良い人は遠視気味)"は、老眼になると一番良く見える距離が更に遠ざかってしまい、テレビや本は離れてみた方が見やすいということが起こってきます。つまり、目の良い人は老眼になりやすいというわけではなく、老眼になったことに気付きやすいということなのです。近視の方も、正視の方も老眼のなりやすさは変わりません。視力が良くて人より早く老眼になったと気付いた方は、おそらく遠視気味であったのではないかと考えられます。
 そして、老眼になったら無理をしないで眼鏡を使用しましょう。眼鏡を使用することと、老眼の進行の具合というのは全くの無関係です。むしろ、眼鏡をしないで無理をしていると目が疲れたりして、逆に視力が落ちてくることもあります。
 レンズの選び方については、最初に購入した眼鏡では見づらくなってきたから一段階度を上げて選んでいる、という方もいらっしゃると思いますが、眼鏡というのはレンズの中心とご自分の目との距離や、目と目の間隔とレンズとレンズの間隔、その両方をあわせないといけません。そういった意味ではご自分の目にあわせた枠を選び、レンズを選ぶということが、疲れずに物を見ていくためには非常に大切です。
 また、目的によってたくさん眼鏡を作って使い分けている人もいますが、現在はレンズを作る技術もずいぶん進歩していて、近いところから中間的な距離、それから遠いところとかなり広い範囲をカバーするようなレンズが作られていますので、そのようなレンズを使うという方法もあります。





--------------------------------------------------------------------------------

question

老眼が自然に治った!なぜ?


Answer
屈折力や瞳孔の大きさの変化によるもの

 "老眼だったのに、また近くのものが見えるようになった"ということは確かに起こることがありますが、老眼が治ったわけではありません。"老眼"とは年齢とともに水晶体が硬くなってきて、近くのものにピントが合わなくなることですが、それと同時に水晶体の屈折力が強くなるため、その結果でまれに近くにピントが合いやすくなる人がいるのです。水晶体というのは目の中に入っている凸レンズのようなものです。言い換えるとその凸レンズのパワーが強くなって、外から入ってくる光を曲げる力が強くなるということです。更には、外からの光の入り口である瞳孔の大きさも年齢とともに小さくなるので(大体70歳で20歳の半分位の大きさ)、小さな瞳孔を通して光が入ってくるため、針穴写真機(ピンホールカメラ)と同じような状態になり、ピントが非常に合いやすくなるということもあります。以上のような屈折力や瞳孔の大きさの変化によって、老眼の方の中にはちかくにピントがあって老眼が治ったように感じる人がいるのです。


924




--------------------------------------------------------------------------------

question

疲れると光が見える。大丈夫?


Answer
網膜が引っ張られる刺激で光が見えたように感じる

 目の中にはゼリーのようなぶよぶよとした硝子体というものが詰まっています(図4参照)。硝子体は年齢とともに収縮して、網膜から離れてしまう事があります。そのような状態でも眼球は動き、一緒に硝子体もぶよぶよと動きます。すると、硝子体が網膜を引っ張ることになり、この刺激によって光が見えたように感じることがあるのです。この状態を光視症(こうししょう)といいます。
 また、硝子体が網膜を引っ張った時に網膜に穴があいてしまい、硝子体の中の水が網膜の下へ入っていくと、網膜はく離という病気になってしまいます。網膜はく離は非常に怖い病気です。光が見える方全員が網膜に穴があいているというわけではありませんが、網膜はく離の前兆である事は珍しくはありませんので、眼科の専門医に診察を受けられた方が良いでしょう。
 また、黒くて小さい虫が飛んでいるように感じるのは"飛蚊症(ひぶんしょう)"です。加齢に伴い硝子体が収縮すると、硝子体の中にごみのような濁りが浮いてきて、このゴミが眼球と一緒にぶよぶよと動き、その影が網膜に映って、黒くて小さい虫が飛んでいるように見えると感じてしまうのです。飛蚊症は老化現象なので気にする必要はありませんが、黒い虫のようなものが見える数が急に増えたりするような場合は異常な状態であり、例えば目の中が出血していたり何かしら変化が起こっている場合があるので、眼科へ行って診察を受けられた方が良いでしょう。






--------------------------------------------------------------------------------

question

白内障と老眼の違いは?


Answer
白内障とはレンズが濁ってくる状態のこと

 老眼はピントが合いにくくなります。見え方としては、図5のようにシマウマがボケた感じです。これに対して白内障は目の中のレンズである水晶体が濁ってくる状態のことです。すりガラスがかかってくるような感じで、ちょうど図6のように、シマウマの"しま"がはっきりと見えなくなるような感じです。老眼と白内障の見え方の違いははっきりとは分からないかもしれませんが、自分で白内障かな?と感じたら専門家の先生に診てもらった方が良いでしょう。

スポンサーサイト
2014/02/13

目からウロコ!の老眼対策?疑問一挙解決?

40代後半位から老眼は始まると言われています。不自由を感じたら無理をしないで老眼鏡を作りましょう。また、中高年になると老眼だけではなく、目の病気にかかる人も多くなります。そこで今回は、白内障や緑内障など、目の病気についての疑問・質問にもお答えします!

--------------------------------------------------------------------------------
question

老眼による疲れ目。対策は?


Answer
まずは老眼鏡をチェックしましょう

 眼鏡をかけても目が疲れるときは、老眼鏡が合わなくなってきている可能性があります。一度チェックされることをお勧めします。もし、老眼鏡に問題がない場合でも、手元を見ながら細かい作業を長い時間していると、どうしても目が疲れてしまうことがあります。時々休憩したり、気持ちが良いと感じる温度に温めたタオルや、冷たいタオルを目に当てたりして目を休めて下さい。
 また、作業をする時の照明の状態というのはとても大切です。暗いところで細かいことをすると、どうしても疲れやすくなるので、できるだけ明るい環境を作って行ないましょう。
 疲れ目対策に目薬を使っている場合は、その時はすっきりと感じてもさしすぎてしまうと、かえって目にとって害になることもあるので注意が必要です。目薬をさすのは多くても4〜5回止まりにする、ということに気をつけながら使用しましょう。





--------------------------------------------------------------------------------

question

目の充血は高血圧のせい?


Answer
高血圧とは関係なし

 結論から言いますと、目の充血と血圧は関係ありません。一般に白目が赤くなることを充血と言っていますが、充血には怖い充血と、あまり怖くない充血があります。よくある充血は"結膜充血"と言って、まぶたの裏が赤かったり、正面から見ると白目が赤くなっていたりする状態のことを言います。これは結膜炎や、目にゴミが入ったり、目をこすったりした場合などの、外からの刺激によって起こる充血です。結膜充血は多くの場合心配ありません。
 もう一つの充血は、"毛様充血"と言い、黒目の周りが赤くなってくるものです。この時、黒目の周り以外の部分(まぶたの裏など)は、全く充血はありません。これはブドウ膜炎や、急性の緑内障などの時に起こってくる充血です。毛様充血の場合には、目が赤いだけではなく、見にくい、目が重いといった自覚症状が出てきます。また、結膜充血は充血の元が取れれば数時間で良くなりますが、毛様充血の場合は10日〜2週間位はとれません。これらのことで2つの充血を区別することもできます。
 充血を解決するには、まず原因が何であるのかと言うことを見極めないといけません。充血がとれるような目薬だけを買い求めて使い続けていても解決にはなりません。気になるようであれば眼科で診察を受けて、結膜炎なのか、あるいは目の表面に細かい傷があるか、というようなことを診断してもらうことが、充血を治す早道だと思います。





--------------------------------------------------------------------------------

question

白内障の予防法は?


Answer
外出時のサングラス、禁煙、野菜・果物の摂取

 若い時に出てくる白内障の場合は、遺伝によるものであったり、何か体に病気があったりする場合がありますが、老人白内障と呼ばれているものは特に体質については心配する必要はありません。白内障は、年齢を取るとともに当然出てくるものなので、そういった意味では完全に予防してしまう方法はありません。但し、日頃から心がけていれば進行をある程度抑えることはできます。では、ご自分の生活がどのくらい白内障になる危険があるのかチェックしてみましょう。次の問に「○」、「×」で答えて下さい。○が多いほど白内障の危険度が少ないのです。

 1.外出する時はサングラスをかける
 2・たばこは吸わない
 3.野菜や果物が好き

まず1.のサングラスについてです。日光の中に含まれる紫外線は白内障になる原因の一つだと言われています。ですから紫外線をカットするために、サングラスをかけることは白内障予防に効果があると考えられています。2.のたばこは水晶体を老化させると考えられています。もっともたばこは一種の細胞毒と言われる活性酸素の発生を促進する効果があるので、白内障に限らず人間の体の細胞全部に悪影響があると言われています。3.の野菜や果物に豊富に含まれているビタミンCには活性酸素の発生を抑える効果があります。こちらはたばことは反対に水晶体の若さを保つと考えられています。ですからたくさん摂った方が良いと言われています。このようなことに普段から気をつけていれば、白内障はある程度予防することができます。





--------------------------------------------------------------------------------

question

外に出るとまぶしくて仕方がない。原因は?


Answer
初期の白内障である可能性があります

 この質問者の方は以前白内障気味であると言われたということですが、たしかにこのような症状は白内障の可能性があります。白内障の程度が軽い時期は、「日差しが明るい時、外に出ると非常に見にくい」、あるいは「逆光のもとで物を見ようとすると非常にまぶしくてよく見えない」など、日差しが強いとダメ、弱い時の方が見やすいという症状が出てくることが非常に多いようです。
 ちなみに子供でも同じような症状を訴える場合があります。これは多くの場合、瞳の大きさが大きいことが原因で心配はありません。また、子供の白内障は普通ありません。


926
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。