2014/10/27

血管が傷つくのを防ぐ入浴の仕方

 ●入浴の時に何か工夫をしていますか?

 ●血管修復の注目情報
  (ある入浴法)『スチームサウナ(スチームバス)』によって
  血管の傷が修復され血管が丈夫になることが判った

   これは、実際にサウナを一生懸命勉強した人がサウナが良いと
   言ってます。始めの入り方は60度に設定されたサウナに15分間
   入り、それを2週間続けたところ、血管の中の働きが40%も
   改善したんです。すごい改善です。そういうことで、外国でサウナが
   見直されて、今度はスチームサウナが良いという事になってきました。
   元々は、心臓に負担がかからないサウナが良いと言われてました。
   ミスト(スチーム)がマイナスイオンに作用して、しかもそれが血管に
   プラスになるということがわかってきたんです。
   よほど重症じゃない限りサウナが良いです。水圧がかからないので、
   サウナが見直されてきてます。家庭でも、色々工夫すれば、似たような
   入り方が出来るわけです。

 ●血管の傷を修復して頭痛・だるさを予防・改善
  家庭のお風呂をスチームサウナ風にするコツ

  浴槽にお湯をためる時『シャワー』を使う

   冬場なんかに、お風呂場を温めるためにシャワーを5分間ほど
   出しっぱなしにしておくとムンムンしますが、それも一種の
   スチームサウナです。

 ●血管の傷を修復して頭痛・だるさを予防・改善
  血管の傷つきを防ぐ先生オススメの入浴法
  ┏━━━━━━━━━━┓
  ┃  3段階入浴法  ┃
  ┗━━━━━━━━━━┛

 ●先生オススメ
  血管修復3段階入浴法

  まず
   浴槽にシャワーでお湯をためる
          ↓
  1段階
   首に蒸しタオルを当て、下半身だけ30秒
   ぬるま湯(38〜40℃)につかる
          ↓
  2段階
   肩までぬるま湯につかって全身を温める
          ↓
  3段階
   湯船から出る前に再び下半身だけ30秒湯につかる

  抹消の血管を充分に広げるということが一つです。ぬるいお風呂は
  ホントに大事なんです。これから夏場に向かいますからまだ良いですが、
  実際に、温度によってどのくらい突然死をするかを見ますと、やはり
  42〜43℃と少し熱めのお風呂の時に突然死が多いです。それなので
  40℃前後のところが良いです。熱めのお風呂が好きな人は最後に少し
  熱くした方が良いです。
スポンサーサイト
2014/10/21

血液の質を良くするには体温を上げる

血液の質を良くするには・・・
血液の『温度』を上げる
 ↓
 『適温は37℃』

適温は37.2℃ぐらいと言われています。
ある程度の個人差はあります。
腋の下で計った温度の+1℃と考えていただければよろしいです。
36.2℃ぐらいの腋下(えきか)温度であれば、37.2℃
ぐらいだと言えます。

 ●血液の温度と老廃物排出能力
血液の温度と赤血球の老廃物の排出能力との、相関関係がある
というのがわかっています。だいたい37.2℃ぐらいで、
最も身体の中に溜まっている汚れを外に排泄する能力が高まるんです。
温度も非常に大切な因子の一つです。

 ●体温(平熱)
起 床 時 現 在 判 定

 崔洋一さん35.3℃35.4℃ △
新 井 晴みさん36.1℃36.7℃ ○
田部井 淳子さん35.2℃35.5℃ ○
おりも 政夫さん36.4℃36.5℃ △

 腋下は基本は36.2℃ぐらいはほしいのですが、起床時と
 昼間の体温が大体0.3〜0.5℃ぐらい差がついている
 方のほうが、実は良いと言えます。

 〜注目情報〜
『春菊』を入れた風呂に入っていると熱の生産能力が高まり、
血液を適温(37℃ぐらい)に保つ効果がある

春菊に含まれてる緑の匂い、αピネンという物質がありまして、
そのαピネンが大脳皮質を刺激して体温を上げる作用があります。
この季節、新緑の季節に外に出て緑の匂いを嗅ぐというのが、
血液の質を高めるために有効です。

 

続きを読む

2014/10/15

赤血球の大きさを良くする方法

 ●赤血球
  赤血球の大きさは大体7〜8ミクロンと言われてまして、
  毛細血管の細い所になると3ミクロンぐらいになるんです。
  ですから、赤血球が固いとこの管を通ることが出来ません。
  柔軟さが無いと、しっかり抹消まで血液が行き渡らないと言えます。

 ●赤血球の大きさを整える
  赤血球のむくみをとって赤血球の大きさを整える
  効果的なこととは?

  (1)腹八分目の食事
  (2)20分間の昼寝
  (3)手を振る運動
               答え(3)

  気功の体操なんですが、両手を広げ、右手を前・左手を後ろにして
  胸の前で手を上下に振ります。これは、血行を非常に効率良く
  促してくれます。血行が良くなると、筋肉のコリ、特に背中のコリが
  取れます。背中の筋肉のコリが取れると、背骨の歪みが取れます。
  すると、背骨から出ている自律神経のバランスが取れる。すると、
  胃腸の動きが活発化してビタミンB12とか葉酸が上手く吸収できる。
  そうしますと、むくんでいた血球が、元通りの大きさになります。

  大体、現代人は猫背になっていますので、仙骨(せんこつ)の位置が
  後ろに来てしまっているんです。これを前にする非常に良い方法です。
  立った状態で、両手を前方から後方に、やや斜めに振る。10回ほど
  していただけば、充分仙骨の位置が前に来ます。仙骨が前に来て、
  重力のラインに乗っかると、血流が良くなると言われています。
  何れも、血流を良くして、ビタミンの吸収を高め、そして、むくんだ
  血球を元に戻すと、いう方法です。

 ●手振りによる筋肉弛緩度
  2人の方で実験をしました。手振りをする前後で、どれだけ
  筋肉のコリがほぐれるかを調べました。

   手振りをやった後は、手振りをやる前よりも2人とも
   見事にコリがほぐれていました。

 ●骨格のゆがみ
  検証前に歪んでいた状況が、手振り運動3日後には
  バランスがとれて背骨の歪みが元通りになっています。
  非常に簡単で有効な方法です。2種類の手振りの方法を交互に
  20回、10回ぐらいの割合でやっていただければ良いです。

 ●赤血球の大草を整える
  手振り運動

  (1)胃の前で手を振りながら5回深呼吸する
  (2)胸の前で軽くこぶしをつくり、手を
     だらんと振り下ろす(10回)
          ※風呂上りに3セット
2014/10/05

大丈夫ですか?あなたの心臓?心筋こうそくを防ぐ生活法?

●心筋こうそくとは…

--------------------------------------------------------------------------------

 心筋こうそくというのは、心臓へ酸素を送る血管がつまって心臓が突然働かなくなり、多くの場合、死につながってしまう病気です。この心筋こうそくには、なりやすい性格、行動パターンがあることが分かっています。それは、何事にも積極的に取り組む人です。これは、アメリカで研究・発表されたデータですが、“A型人間が心筋こうそくになりやすい”と言われています。このA型人間というのは、血液型のことではなく、Angry(怒りっぽい)、Ambitious(野心的)、Aggressive(攻撃的)というような性格の持ち主のことを言います(図1参照)。具体的には、“早口・早食い”、“短期・せっかち”、“用心深い”、“出世したい”、“闘争心が強い”、“負けず嫌い”、“責任感が強い”、“目標に向けがんばる”というような人です。こうした性格や行動パターンの人は、ストレスをためやすいという特徴があります。ストレスがたまると自律神経やホルモンの働きが過剰になるために、心拍数や血圧が上がりやすく、心臓に負担がかかってしまうのです。“責任感が強い”とか、“目標に向けてがんばる”ということは良いことだとは思いますが、時々はゆっくりして気分転換をすることが大切です。



●生活習慣を改めて心筋こうそくを予防しよう

--------------------------------------------------------------------------------

 心臓の大きさは大体握りこぶしくらいで、重さはわずか200〜300gしかありませんが、1日に10万回も拍動し、送り出される血液の量はおよそ1万リットルにもなります。このような重労働をしている心臓ですが、心臓自身が必要な酸素や栄養分は、心臓の中を流れている血液からもらっている訳ではありません。心臓の表面を冠状に覆っている、冠動脈(かんどうみゃく)が動脈から大量の血液を受け取って心臓の筋肉に送っているのです。そして、心臓は他の臓器の比較にならないほど激しく酸素を消費しています。
ですから、この冠動脈の流れが悪くなったり、つまったりすると様々な障害が現れます。
 血液中にコレステロールが増えると、冠動脈の内側にコレステロールがたまり、動脈硬化が進みます。血管が狭くなり、血液の流れが悪くなって心臓の筋肉まで十分に血液が行き渡らなくなります。この状態が心筋こうそくの初期の段階である“狭心症”です。心臓の筋肉は酸素や栄養が不足してけいれんを起こたり、痛みを感じたりします。そして、次の段階の“不安定狭心症”は、動脈硬化が一掃進み、血管の壁がもろくなって破れやすくなった状態です。こうなると、ちょっとした動作で壁が破れやすく、いったん破れると壁の内側にたまったコレステロールが狭くなった血管内にあふれ出して血栓を作り、血液の流れを止めてしまいます。そこから先の筋肉へ血液が行き渡らなくなり、心臓の筋肉は死んでしまいます。これが最も恐ろしい“心筋こうそく”です。心筋こうそくは、何の痛みもなく、突然訪れることのある病気です。高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、肥満などの心筋こうそくの危険因子を1つでも少なくするような生活を送ることが大切です。塩分、脂っこいもの、甘いものなどは避け、普段から運動を心がけ、血管をしなやかに保つことが大切です。



続きを読む

2014/10/02

赤血球のこと知っていますか?

 ●成人男女1200人を調査
  健康診断で、身体の異常が見られない健康な人でも
  『2人に1人は血液の質が落ち』病気につながる
  危険性を抱えている。

 ●血液の質を決める4つの要素
  ・赤血球の数
  ・赤血球の大きさ
  ・赤血球の柔らかさ
  ・赤血球の温度

 ●血液検査結果
          赤血球数   大きさ(MCV値) 判定
  崔 洋一さん  429万個  108       ×
  新井晴みさん  441万個   96       △
  田部井淳子さん 436万個   94.9     △
  おりも政夫さん 468万個  100.6     ○
  ※標準値
   赤血球数 男:500万±60万
        女:500万±60万
   大きさ  男:82.7〜101.6
        女:70.0〜100.0

   人間ドッグの検査をすると、赤血球の大きさは必ず出てきます。
   赤血球の数が少なすぎると「貧血」数が多すぎると「多血症」
   という病気になります。
   やはり、質の話はほとんど聞いていません。
   崔さんの数値は通常の臨床だと、個性といえる程度のものだそうです。
   今回は番組ということで×。
   MCVの108という数字は標準値よりも高いです。
   これは、簡単に言うと赤血球がむくんでいる状態です。
   原因はいろいろありますが、まず食事。
   赤血球を一番大きくさせる要素は、ビタミンB12と葉酸の
   不足なんです。これらが不足すると、赤血球をつくるDNAが
   うまく働かず、キレイな赤血球ができないのです。
   むくんで、大きくなってしまった赤血球は毛細血管よりも
   大きいので通ることができません。これにより、貧血と
   同じような症状が出ます。
   アルコールをよく飲む人は、葉酸が不足して、赤血球が
   むくんでしまいます。

 ●春は赤血球の質が低下する
  春は特に、腎臓、肝臓、胃腸の機能が落ちるケースがよくあります。
  赤血球の質を落とす原因
  ダイエット
   鉄が不足すると、血球が小さくなり貧血を起こします。
   ビタミンB12、葉酸が不足すると、赤血球のむくみからの
   貧血を起こしやすくなります。
  運動不足
   血液の温度が下がってしまうんです。
  環境
   エアコンの過度の使用によって脳の温度をコントロールする
   中枢が乱れてしまいます。これもまた、血液の温度を下げる
   要因になってしまいます。
  ストレス
   自律神経のバランスが崩れることによって、胃腸の調子が
   おかしくなり、ビタミンが吸収されずに、むくんだ赤血球を
   作ってしまう。
  睡眠不足
   寝ている間に骨髄で血液がつくられます。 
   寝不足は、赤血球の質を低下させます。

 ●赤血球の質が落ちる理由
  ・無理なダイエット ・運動不足
  ・睡眠の乱れ ・寒暖を防ぐ環境

  <質が低下すると>
   ・冷え ・肥満 ・シミ ・シワ ・血栓
   ・肝、腎機能低下 ・アレルギー
   ・心臓病 ・脳疾患  など