2015/02/16

セロトニンの不足を予防・改善するポイント その4

 ●脳内元気物質セロトニンの不足を予防・改善するポイント その(4)
  夜、入浴中に
  身体のある部分を動かす

 ●脳内元気物質セロトニンの不足を予防改善するために
  入浴中にすると効果的な方法は?
  (1)目をキョロキョロさせる
  (2)鼻をクンクンさせる
  (3)口をパクパクさせる
              答え(1)

   お風呂に入らないといけない理由はありません。
   リラックスしながらやることが大切です。
   セロトニン神経は、意識的にリズムの運動をすればいいんです。
   ですから、目をキョロキョロさせるというリズムの
   運動をすればいいんです。そうすると、3分から5分
   くらいでセロトニン神経が活性化されてきます。

 ●脳内元気物質セロトニンの不足を予防・改善するポイント その(4)
  入浴中に
  目をキョロキョロさせる動作
  (1秒に1往復くらいの速さ)
  10往復を3回繰り返すと良い

☆☆☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6.セロトニンの増やし方 <まとめ> 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★★★★

 ●疲労・肥満・うつを防ぐ
  脳内物質セロトニンの不足を予防・改善

  ポイントその(1)
   朝に五十音の音読を3分間

  ポイントその(2)
   朝食に『バナナ』を良く噛んで食べ
   昼頃、足の筋肉を想像しながら5分間歩く

  ポイントその(3)
   掃除など家事に『フラダンス』動作を取り入れる

  ポイントその(4)
   入浴中に『目をキョロキョロ』
   10往復を3回
スポンサーサイト
2015/02/05

セロトニンの不足を予防・改善するポイント その3

●脳内元気物質セロトニンの不足を予防・改善するポイント その(3)

  『リズム』を『きざむ』動作によって、
  元気物質の分泌を持続させる

   私達の身体を動かすのは、ほとんどリズムなんです。
   歩くことも、噛むことも、呼吸もリズムなんです。
   本質的に、何かというとリズムをきざむことなんです。
   それが、セロトニン神経に一番効くのです。
   ですので、どんなリズム運動でも良いのです。

 ●新情報
  リズムをきざむ動作によってうつ病患者に
  改善効果が得られた

  さらに
    介護施設の高齢者の歩行速度や握力が改善。
    以前に比べ『前向き』な気持ちが強くなった

 ●脳内元気物質セロトニンの分泌を持続させるために
  より効果的なリズムをきざむ動作とは
  『フラ』『ダンス』

   考えてみると、フラダンスは一番良いリズム運動なんです。
   リズム運動でも、身体の体感のところのリズム運動が良いのです。

 ●高齢者による
  フラダンス前後の血中セロトニン濃度

  フラダンスを行う前は約100(ng/ml)だったのが、
  フラダンス終了直後から急激に上昇し、1時間後には
  300(ng/ml)を越えてしまった。

 ●脳内元気物質セロトニンの不足を予防・改善する ポイント その(3)
  日頃、『掃除』をする時などに(リズムをきざむ)
  フラダンス動作を取り入れると良い
  さらに
   『南国』の『空と海』を思い浮かべて行うと、効果が高まる!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。