2015/11/28

首にかかる負担を減らす

 ●首に負担をかけて
  ストレートネックを招く最大の原因は
  『うつむき姿勢』
  首を『10度』前に傾けると首にかかる負担は『約2倍』に増える
  ※頭の重さ約5kg

 ●首にかかる負担を減らし、肩こり・頭痛を
  予防・改善するには首をたくさん動かしたほうが良い?
  ○or×
          答え(×)

   首を10度曲げるだけで負担が倍になるといったように、
   前に傾けるのは良いことではないのです。首には神経、頚動脈など
   重要なものが多くありますので、動かすことで損傷する可能性も
   あるのです。あまり動かさないで筋力をつけたいのです。

 ●料理・洗濯・食事・読書などで
  うつむき姿勢になる時は・・・
  『2分』に1度『10秒』間頭をやや上げる
  (約20度)

 ●ストレートネックチェック(まっすぐな首の骨)
  頭と背中を壁などに押し当てた気を付けの直立姿勢から
  肩をゆるめた楽な姿勢になってください。
  頭がどの位、前に傾きますか?

  判定
   角度が5度以上傾くとストレートネックが進行中!!
  自覚症状は・・・
   首を一回転させたり、首の後ろを押すと
   違和感や痛みがある

 ●日常生活の家事以外で首にたくさん負担をかける
  思いがけない動作は・・・

   髪を洗う動作

 ●ストレートネックの進行をくい止めて不快症状を予防・改善
  髪を洗う時、首が『20』度前に傾いただけで、
  身体から脳へ送られる血液は、1分間に約『900』ml
  (約『60』%)減少する

 ●脳への血流量(頚椎血流量)
  ※正常を100%とする

   首のキレイなカーブを持っている人を100%とすると
   首が10度曲がるだけで、頭にいく血液が30%ぐらい
   減るんです。髪を洗う時はもう少し曲げますので、
   それが20度曲がると40%ぐらいになってしまうんです。
   入浴中は血圧が上がってますし、汗をかいているので血液が
   少しドロドロしています。ですので、余計に普通の状態より
   頭に行く血液の量が悪くなります。

  脳への血流量            1500ml/分
  洗髪時に減少する脳への血流量     900ml/分

 ●ストレートネックの進行をくい止めて不快症状を予防・改善
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  首にやさしい髪の洗い方  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

  ・背すじを伸ばし顔をやや上げ、『前』髪から、
   『後ろ』髪の方へ髪を洗う
  ・洗い流す時は、顔をやや上げ『前』髪の付け根をめがけて
   シャワーを当て、髪全体を洗い流す
スポンサーサイト
2015/11/02

長寿の酵素<サートゥインス>

  細胞というのは歳をとってくると、どんどん傷ついて細胞分裂を
  しにくくなってきます。その歳をとってきて、活きが無くなって来た細胞を
  活性化してくれる酵素が「サートゥインス」
  そんな酵素が身体の中にあったんです。

 ●長寿の体内物質・サートゥインス
    ・細胞内で作られる酵素の一種。
    ・細胞の老化を予防する。
 
 活性化すると
  ・シワ ・動脈硬化 ・認知症(痴呆症)など
  老化による症状を予防する!

 ●サートゥインスと細胞寿命の関係
  ラット実験で、遺伝子操作をしたサートゥインスの無い
  細胞と通常の細胞の寿命を比べると、遺伝子操作をした
  サートゥインスの無い細胞は、33%寿命が短くなるそうです。

 ●長寿者はサートゥインスを活性化させていた?
  長寿世界一 フランスの
  ジャンヌ・カルマンさん (享年122)
   好きなものを食べ
   120歳まで自分の足で歩き
   亡くなるまで周囲の人とおしゃべりをしていた
   長寿の秘訣を聞かれていわく
   「アルルの空気と赤ワインよ」

  長寿日本一 鹿児島県徳之島
  泉 重千代さん (享年120)
   徳之島では、地豆とも呼ばれる豆を様々な料理に使い
   重千代さんも子供のころから食べていた
  地豆とは・・・落花生

 〜注目情報〜
  ぶどうの皮や落花生に含まれる
  レスベラトールを摂ると
  食事制限などをしなくても
  体内のサートゥインスが活性し
  老化を予防することが判った。

  レスベラトールとは、ポリフェノールの種類の名前です。
  落花生に含まれるとありますが、皮のほうが多く
  含まれています。
  
  サートゥインスは、飢餓、飢えに近い状態になると身体の中で
  この酵素がよく働きます。細胞レベルで飢えの状態になると
  活発に働くんです。
  そして最近、レスベラトロールという植物のポリフェノール
  のある、なしによって細胞分裂の回数が60%も違うことが
  判ってきたのです。

 ●老化を防いで、しわ・動脈硬化・認知症を予防
  長寿の体内物質・サートゥインスを活性化
   ・赤ワイン      コップ半杯
       (料理に使っても良い)
   ・ぶどうジュース   コップ1杯
   ・干しぶどう       30g
   ・落花生         20g
       (ただし渋皮も一緒に摂ること)
  いずれか好きなものを摂る!

 ●長寿の体内物質サートゥインスを活性化するには
  『朝の目覚め方』も大事!

 〜注目情報〜
  目覚めてすぐに光を浴びないと
  細胞内に脂肪が溜まってしまう
  しかも
   細胞内に脂肪が溜まると
   長寿の体内細胞サートゥインスが
   働かなくなってしまう!

 ●長寿の体内物質、サートゥインスを活性化
  朝、目覚めたら、光を浴びる
   冬場は、目覚めたら部屋の明かりをつけて
   目に光を入れる