2016/01/18

長寿のタンパク質<ポリアミン>

 〜最新情報〜
  生物が体内で特殊タンパク質・ポリアミンが『細胞の炎症』を抑え、
  寿命を伸ばすことが判明した

   ポリアミンは、古くから発見されていたのですが、実際
   どんな働きをするのか、分かっていなかった。
   それが最近、分かってきたんです。
   地球上の全ての生物(生命体)が、ポリアミンを持っている。
   細胞レベルで、活性酸素という身体にとって、毒になるモノが
   あるんですが、それを防御する働きをします。
   特に、このポリアミンは炎症と関係があります。
   風邪を引いてノドが腫れるなど、日常色んな事で炎症が起こります。
   炎症が長生きと関係が有るんです。
   なるべく長生きするには「無駄な炎症反応を起こさない」という事が
   一つのキッカケじゃないかということが分かってきた。

 ●長寿の体内物質・ポリアミン
   すべての生物が作るタンパク質の一種。
   細胞の炎症を抑える働きがある。

   脳梗塞・心筋梗塞など、老化にともなう病気を予防する!
  しかし
   年をとると、体内での生産量が減ってしまう

    二十歳の頃がピークで、段々減っていってしまうんです。

 ●日本、グルジア、ブルガリア、韓国 長寿の秘訣
   日本、グルジア、ブルガリア、韓国など長寿で知られる国は
   長寿の体内物質ポリアミンを増やしてくれる共通の食品を摂っていた!
  それは・・・
   発酵食品

   ヨーグルト・漬け物・チーズ・納豆・キムチ・みそ

    地球上の全ての生命体がポリアミンを作っているので、
    微生物もポリアミンを作っているんです。
    現代人はストレスが多いですが、ストレスもポリアミンを減らす
    原因なんです。

 ●長寿の体内物質・ポリアミンを増やす
  さらに
   腸内の善玉菌が、ポリアミンを作ってくれる!
  そこで、青木先生オススメ
   ヨーグルト断食で腸内善玉菌を増やす!

    決して難しい、全然食べないという断食ではありません。
    腸内をリセットするという為に行っているやり方です。
    現代人は、年がら年中食べているんです。
    そうすると、お腹の中に不必要な物が貯まっていくんです。
    女性は便秘しますが、悪玉菌が増えてきます。
    それで、腸内を一回空っぽにするんです。
    固形物を食べないで、ヨーグルトだけで、腸をキレイにします。
    その時に、善玉菌と悪玉菌のバランスを変えてしまう。
    善玉菌を増やすのが、ヨーグルト断食の目的です。
    ダイエットの為ではなく、身体のリセットの為に行うものです。

 ●長寿の体内物質・ポリアミンを増やす

    腸内善玉菌を増やす
     ヨーグルト断食

  ・2週間に1回、朝食と昼食をヨーグルト120gだけにする
  ・液体は摂っても良い。固形物はダメ。

    野菜ジュースとか豆乳とか、栄養のあるものは摂って下さい。
    本当は、夜も勧めているのですが、年齢層によって変えています。
    夜は、お粥など柔らかめのモノを摂ると良いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。