2013/11/28

足の外側の筋肉を強化するリハビリ

じん帯を保護している足の外側の筋肉を強化する方法は、ギプスをつけている今の時期からできますので、ぜひ行ってみてください。それではモデルさんを使ってご説明いたします。

まず足を伸ばして座ってください。この状態で足の先のほうにチューブを巻き付けます。この状態からつま先を外に広げ、そして元の状態に戻します。この運動を行うと、足の外側の筋肉が鍛えられるんですね。
コツは、チューブを伸ばすときは早く、戻すときはゆっくりということです。タイミングとしては、「1」で足を伸ばし、「2、3、4、5」と4秒数えるくらいの感じで足をもとに戻すと良いでしょう。この動作を20回から30回繰り返すのを1単位として、それを1日最低1度行っていただくと、ギプスを外した後、足の体重をかけたときに痛みが起こりにくいという利点があります。ぜひ家庭でも行うようにしてください。

それから、足の指で物をつかむような要領でつま先を曲げてみてください。その時、良いほうの足の動き、悪いほうの足の動き、両方の角度が同じようになるかということをチェックしていただくことも大切です。どうしても動きにくい場合には、その動きをしっかり取り戻すようにこのような足の動きを、だいたい1日に100回くらい行ってください。

そうしますと、1週間くらいで同じ動きになりますので、チューブの運動とこれを同時に行っていただくとよろしいかと思います。この運動もギプスをしたままでも十分やっていただくことができます。
装具を外した後のリハビリの期間についてですが、まずは足の指がしっかり床をつかむような、そういう力が回復しないとスポーツには復帰できないんですね。装具をつけている状態でも足を床につけることができるはずですから、そのときにしっかりと足の指で床をつかむようにしてください。
そのようなことを意識しながら、装具が外れる時期まで、病院の先生が作っていただいたリハビリのメニューを続けていくのが大事になります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント