--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/09

忍び寄るクラミジア

■増える感染者

--------------------------------------------------------------------------------

 「クラミジア」は、性感染症(STD)の1つで、「クラミジア・トラコマチス」という病原体に感染して起こります。感染者数は、図1のように年々増えています。特に、10歳代後半〜20歳代の若い女性に多くみられるのが特徴です。
 クラミジアは、感染しても自覚症状がほとんど現れないことが特徴です。そのため、早期に受診し、治療を受ける人が少なく、男性も女性も、「自分が感染源である」という自覚がないまま、パートナーにうつし、感染が拡大していきます。

性器クラミジア感染症とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト



■感染が引き起こす病気

--------------------------------------------------------------------------------

 女性の場合、クラミジアの病原体は、まず子宮頚管に感染します。感染に気がつかないまま放置すると、子宮体部、卵管、卵巣周辺、骨盤内、腹腔上部へと感染が広がり病気の原因になります。
 男性の場合も、早期に治療を受けずに放置すると、「精巣上体炎」を起こして、男性不妊になることがあります。
 また、クラミジアに感染すると、性器周辺の細胞が傷つけられ、他の病原体に感染しやすい状態になるため、HIVに感染する確率が高まるという報告があります。



■検査と治療

--------------------------------------------------------------------------------

 クラミジアの検査は、女性の場合、子宮頚管や膣の分泌物を調べたり、血液検査で抗体を調べたりします。男性の場合は、尿道の分泌物か尿で検査します。
 クラミジアは、感染すると治療をしないかぎり治りません。治療には、抗菌薬が用いられます。治療で大切なのは、「治ったかどうかを確認するため、再検査を受ける」「必ずパートナーと一緒に治療を受ける」ことです。なお、卵管や卵巣などに癒着が起きている場合は、その治療が必要になります。



■予防法

--------------------------------------------------------------------------------

 クラミジアに限らず性感染症を予防するためには、「性感染症に関する正しい知識をもつ」「コンドームの使用を徹底する」ことです。また、感染の拡大を防ぐためには、「早期発見、早期治療に努める」「パートナーも同時に治療する」ことが大切です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。