2013/12/12

脂肪肝は、肝硬変になりやすいので特に注意

■肝臓の働き

--------------------------------------------------------------------------------

 肝臓は、"沈黙の臓器"と呼ばれています。肝臓の主な働きは、「代謝」、「解毒」、「胆汁の合成」の3つです。
肝硬変が脾臓に与えるダメージ -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート



■脂肪肝とは

--------------------------------------------------------------------------------

 30%以上の肝細胞に脂肪が蓄積された状態を「脂肪肝」といいます。「肥満」「糖尿病」「アルコールのとり過ぎ」が、脂肪肝の3大原因と言われていますが、その中で最も注意が必要なのが「アルコールのとり過ぎ」です。アルコールによる脂肪肝を放置すると、「肝硬変」になる危険性があるからです。肝硬変になると、やがて「肝不全」を起こしたり、「肝がん」が発生することもあります。



■飲酒量と肝硬変のリスク

--------------------------------------------------------------------------------

 アルコールによる脂肪肝を放置すると、早くて5年ほどで肝硬変になります。肝硬変まで進む危険があるのは、、特に「大量飲酒家」と言われる人は、肝硬変になる危険性が極めて高いと言えます。
 肝硬変にならないためには、まず脂肪肝にならないことが大切です。
一般のみなさまへ | 日本消化器病学会


■脂肪肝の発見と治療

--------------------------------------------------------------------------------

 脂肪肝を診断する目安になるのが、図3にあげた検査項目の数値です。これらの数値に注意して、早めに脂肪肝を発見することが大切です。
 検査で脂肪肝を指摘されたら、肝臓の脂肪を減らす治療をします。治療の基本は生活習慣の改善です。このような生活習慣の改善は、脂肪肝の治療だけでなく、予防にも役立つので、ふだんから心がけるとよいでしょう。

肝硬変の原因と症状?あなたの肝臓は大丈夫?
頑張った肝臓の疲れに注意
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント