--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/13

肝臓の意外な敵?

●肝臓を痛めつける要因

--------------------------------------------------------------------------------

 肝臓に負担をかける要因として、アルコールや肝炎を起こすウイルスなどがあることはご存知の方も多いと思いますが、この他にも、便秘、期限切れのスナック菓子、睡眠不足、薬なども肝臓に負担をかけてしまいます。便秘になると、腸にガスがたまり、そこに含まれる有毒なアンモニアが、腸の壁から吸収されて肝臓へ運ばれてきます。肝臓はアンモニアの解毒をしなければならず仕事が増えてしまいます。期限切れのスナック菓子は、中に含まれている油が古くなって酸化しています。酸化された油は、肝細胞の壁を傷つけます。睡眠不足になると、私達の活動時間が長くなり、肝臓はエネルギーを作るために働きます。睡眠時間が少ないと、肝臓は休みなく働かなければならず疲れてしまいます。それから、意外かもしれませんが、体を元気にするために使う“薬”も、実は、肝臓に負担をかける原因になっています。



●薬は肝臓の敵?

--------------------------------------------------------------------------------

 肝臓の中には、肝小葉(かんしょうよう)と呼ばれる組織がつまっています。肝臓が持つ“加工”、“貯蔵”、“解毒”、“排泄”の4つの働きは、この肝小葉で行われています。外側と真ん中に太い血管が通っていますが、外側の血管からは胃や腸で吸収された栄養や様々な物質を含んだ血液が流れ込んできます。血液はぎっしり並んだ肝細胞の間の通路を通り、内側の血管に向かって移動していきますが、その途中で肝細胞の中に染み込み、血液中に含まれていた栄養はそこで加工され、毒物は分解されます。そして栄養は血液とともに再び肝細胞から染み出して、内側の血管に流れ込んで全身へと運ばれます。
 また、分解された毒物は別の管へ回されて排泄されます。体に入ってきた“薬”も、肝臓では“毒”とみなされて分解されて排泄されてしまうのです。
 ではどうして薬は効くのか、ということになりますが、これは、肝臓で分解しきれない量を飲んでいるからです。1日に3錠の薬を飲んで下さいと言われたとします。すると、3錠のうち、例えば2錠が肝臓で分解され効果を失います。でも、残り1錠は分解しきれずに身体にあふれ出て、このあふれた分が効果を発揮するのです。ですから、薬を飲むと肝臓はせっせと解毒の仕事をしなければならず、負担が増えます。
 また、薬が原因でアレルギーが起こると肝臓は激しく傷つきます。肝臓に入ってきた薬が体に合わないと、薬を分解・排出する過程でアレルギー反応が起きることがあるのです。本来体を守る役割を果たしている免疫細胞が、薬を異物と判断して肝細胞ごと破壊してしまうのです。薬をやめない限り破壊は止まりません。中には劇症肝炎という状態になり、死に至る場合もあります。
 薬でアレルギーが起きているかどうかを自分で知ることはなかなか難しく、薬を飲んで1〜2週間経ってから体がかゆくなったり、皮膚に発疹が出たり、尿が濃い番茶のような色になって初めて気付くことがほとんどです。



●サプリメントは必要な分だけ

--------------------------------------------------------------------------------

 薬よりも身近なサプリメントも、薬と同じ成分が含まれています。薬剤とは違い、“健康食品”として作られているので、気軽に利用できますが、中には効能の表示がなかったり、アレルギーなどのテストが不十分なものもあります。
 また、肝臓に負担をかけないためには、とり方や分量にも薬と同様の配慮が必要です。栄養は食事からとった方が吸収がよく、安心です。サプリメントが本当に必要かどうかを見極め、上手く使っていただきたいと思います。



 漢方薬でもアレルギー反応が起こって、肝臓や他の臓器に障害を起こすことがあります。漢方薬もあなどらないで、十分に気を付けてとって頂きたいと思います。また、特に気を付けた方がよい薬は、抗生物質や、風邪薬に含まれる鎮痛解熱剤などです。薬を飲んでもなかなか効果が出ないからといって、すぐ飲んだりすると、肝臓に負担をかけてしまいます。
肝臓に効果のあるサプリメント


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。