--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/10

見直される乳酸菌

■食物繊維やオリゴ糖とあわせてとる

 食物繊維やオリゴ糖は、腸の中で乳酸菌(ビフィズス菌)のえさとなります。そのため、乳酸菌が活性化し、整腸効果や免疫力の活性化、発がんリスクの抑制などの効果がより期待できます。食物繊維は果物やいも類、根菜類などに多く、オリゴ糖ははちみつ、バナナ、きなこなどに多く含まれています。
拡大
乳酸菌と一緒にとると良いもの

■食後にとる

 乳酸菌は胃酸に弱いので、おなかがすいている状態でとると、その働きを十分に発揮することができません。胃酸が食物で薄められている食後にとるようにしましょう。また、ヨーグルトの中にいる乳酸菌は生きていますから、開封後はできるだけ早めに食べるようにして下さい。

■ドレッシングや料理に利用する

 ヨーグルトをそのまま食べるだけでなく、ドレッシングや料理に積極的に利用してみましょう。乳酸菌は、100度以上で加熱したりあるいは60度程度でも30分以上加熱すると死んでしまいますが、死んだ乳酸菌にも免疫力を高める効果があります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。