--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/19

検査値の見方

■肝臓の働き

--------------------------------------------------------------------------------

 肝臓には、「肝動脈」と「門脈」という太い血管が通り、内部には毛細血管が張り巡らされています。肝動脈からは、肝臓の細胞(肝細胞)に必要な酸素や栄養が、また、門脈からは、主に小腸から吸収された栄養が送り込まれます。
 肝臓の主な働きは、「代謝」「解毒」「胆汁の分泌」の3つです。



■肝炎とは

--------------------------------------------------------------------------------

 肝臓病の代表的なものは肝炎ですが、その約9割がウイルスに感染して起こる「ウイルス性肝炎」です。肝炎を引き起こすウイルスは何種類かありますが、肝臓の炎症が慢性化するタイプのウイルスは「B型肝炎ウイルス」と「C型肝炎ウイルス」の2種類です。
 肝細胞がウイルスに感染すると、ウイルスが増殖して炎症が生じ、急性肝炎を起こします。その後ウイルスが排除されて治ることもありますが、ウイルスが完全になくなることは少なく、炎症が慢性化する割合が多く見られます(慢性肝炎)。B型肝炎の場合はキャリア(ウイルス感染者)の約1割が慢性化し、C型肝炎の場合は急性肝炎を起こした人の6〜7割が慢性化するといわれています。慢性肝炎になると、やがて「肝硬変」「肝臓がん」へと進行することもあります。



■肝臓の検査

--------------------------------------------------------------------------------

・GOT(AST)・GPT(ALT)
 GOTとGPTは、健康診断などの血液検査で一般的に行われる検査項目です。肝炎などで肝細胞が破壊されていると、値が基準値よりも高くなります。
肝炎ウイルスによる急性肝炎を起こすと、これらの値が急激に上昇することもあります。また、慢性肝炎へと移行すると、B型肝炎の場合、GOTやGPTが正常値よりも高くなりやすいので、毎年検査を受けていれば、通常、早期に発見できます。一方、C型肝炎の場合は、慢性肝炎に移行しても、10〜15年ぐらいはウイルスが活動しないため(非活動期)、GOTやGPTはほとんど異常を示さず、血液検査を受けても、検査値に異常が出ない期間が長く続きます(図4)。ですから、検査値に異常がなくても安心せずに、毎年、検査をきちんと受け、わずかな変化も見逃さないようにすることが大切です。
 なお、GOTやGPTが異常を示す病気には、ウイルス性肝炎以外に、脂肪肝やアルコール性の肝障害もあります。健康診断でGOTやGPTに異常があった場合は、その原因を調べるために、必ず再検査を受けてください。
・血小板、アルブミン
 慢性肝炎から肝硬変へ進み、肝臓の機能が低下してくると、血小板数とアルブミンの値が徐々に減少してくるので、これらの値から、肝硬変の進行の度合いを推察します。この2つの検査は、一般的な健康診断では行われませんが、GOTやGPTに異常が見つかった場合は、再検査で行われます。


1217
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。