2013/10/10

抗酸化力のある成分

抗酸化成分ってどんなもの?

--------------------------------------------------------------------------------

answer

■働き

 私たちの体は栄養素からエネルギーをつくり出すとき、体内で活性化した「活性酸素」を利用しています。また、体内に細菌や有害物質などが入ってきた場合、それらを取り除くためにも、活性酸素を利用しています。活性酸素は、普通の酸素に比べて非常に反応性が高く、さまざまなものと反応を起こし、体にとって害を及ぼすこともあります。この活性酸素の害を防ぐ働きのある成分を、「抗酸化成分」といいます。
拡大

■種類

 抗酸化成分にはたくさんの種類がありますが、そのうちの1つが「ポリフェノール」です。ポリフェノールの種類は270万種もありますが、特に緑茶やココアなどに含まれる「カテキン」が代表的です。また、葉野菜や果物には「フラボノイド」が、根菜類には「単純ポリフェノール」が含まれています。
拡大
ポリフェノール類を含む植物性食品

■サプリメント

 抗酸化成分は食事からとるのが基本ですが、食生活が不規則な人や外食が多い人などでは、抗酸化成分を含むサプリメントを利用することもあるでしょう。しかし、サプリメントは有効成分を選んで取り出したものなので、食品よりも摂取量に注意が必要だといえます(左図)。栄養は、摂取量が少ない場合だけではなく、過剰にとりすぎた場合も、健康に害を及ぼすことがあるのです。必ず摂取量の表示を見て、利用するようにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント