--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/12

高齢者の水頭症

■こんな症状が現れたら

--------------------------------------------------------------------------------

 「高齢者の水頭症(特発性正常圧水頭症)」は、まだ広く知られていない病気ですが、痴ほう外来などに来る患者さんの約2〜5%を占めるといわれています。脳にある水「脳せき髄液(髄液)」の循環障害が主な原因だと考えられています。
 主な症状は「歩行障害、軽い痴ほう、尿失禁」で、これらが単独、あるいは組み合わさって現れます。水頭症の疑いのある症状が見られる場合には、脳神経外科や神経内科の受診をお勧めします。



■治療法は?

--------------------------------------------------------------------------------

 診断では、まず症状の確認や、CTやMRIによる画像検査が行われます。これらの検査の結果、水頭症の疑いが強い場合には、髄液を採取する検査が行われます。この検査直後から3〜4日後までに、歩行障害の改善があれば、水頭症と診断されます。
 治療では、主に手術が行われます。手術は、脳にたまった髄液をおなかに流すために、体内に細い管を埋め込む「脳室—腹腔シャント術」が、多く行われています。手術ができない場合は、診断のときと同様に、髄液を繰り返し採取して、症状を和らげる治療が行われます。



■日常生活のケア

--------------------------------------------------------------------------------

 手術後、髄液が脳からおなかに流れ過ぎると、「手足のまひや意識の低下」が起こる危険があります。いつもと様子が違うなどの変化がないかどうか、周りの人が注意して見守るようにしましょう。また、細菌感染による「髄膜炎」などの感染症や、お年寄りに多い肺炎などにも注意が必要です。


225
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。