--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/19

気づきにくい甲状腺(せん)の病気  バセドウ病、薬の効果は?

脳や心臓、胃腸などの働きを活性化させたり、新陳代謝の促進、体温の調整などを行う甲状腺ホルモンは、体にとって欠かせないホルモンです。バセドウ病は、この甲状腺ホルモンが増え過ぎるため新陳代謝が盛んになり、エネルギー消費が増え、「どうきがする、汗をかく、イライラする、体重が減少する」などの症状が現れます。




question
--------------------------------------------------------------------------------

4か月ほど前からバセドウ病の薬を1日6錠のんでいるのですが、じんましんが出てくるようになりました。薬によってホルモンの値は少し下がったものの、それ以上は下がりません。このままのみ続けていいのでしょうか。



answer
--------------------------------------------------------------------------------
バセドウ病の投薬治療には年単位の時間がかかります。医師と相談し、じんましんを抑える薬を併用しながら続けていってください。どうしても薬物治療を続けられない場合には、アイソトープ療法や手術療法などもあります。



■バセドウ病の薬物療法

 バセドウ病の治療には、甲状腺ホルモンの合成を抑える「抗甲状腺薬」を使います。1日6錠の服用から初め、ホルモン量が少なくなってきたら少しずつ薬の量も減らし、その後、1日1〜2錠の服用を最低でも1年は続けるというのが一般的な服用方法です。
 抗甲状腺薬の副作用には、薬しん、肝機能障害、白血球減少などがあります。薬しんは、それを抑える薬を併用しながら、抗甲状腺薬による治療を続けていくことが可能ですが、肝機能障害や白血球減少などの副作用が出てきた場合には、抗甲状腺薬による治療はすぐに中止しなければなりません。




■アイソトープ療法と手術

 副作用のために薬物療法を続けられない場合には、アイソトープ療法(放射線治療)や手術を行います。
 甲状腺はヨードを使ってホルモンを合成するため、体内のヨードの多くは甲状腺に集まります。アイソトープ療法とは、放射線を発生するヨードのカプセルをのむことにより、甲状腺に集まったそれらのヨードから放射線を発し、甲状腺の細胞を破壊するという治療法です。通常は外来でできますが、妊娠や授乳中の人はこの治療法を受けることができません。
 甲状腺を切除して、甲状腺ホルモンの合成を減らす手術療法もあります。甲状腺全体を取ってしまうこともありますが、甲状腺の裏にある「副甲状腺」という、カルシウムの代謝に関係のある内分泌腺と、その部分に近い甲状腺組織を少し残して切除するという方法もあります。 手術により甲状腺を切除すると、今度はホルモンの量が逆に少なくなり、甲状腺機能低下症になることがあります。この場合は甲状腺ホルモン薬の服用を行います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。