2014/05/02

気づきにくい甲状腺の病気 バセドウ病

■気になりませんか? 首のはれ

--------------------------------------------------------------------------------

 バセドウ病は、甲状腺の機能が亢進し、“体を元気にするホルモン”といわれる「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌される病気です。「動悸がする、汗をかく、イライラする、体重が減少する」といった症状が現れます。また、「首のはれ」や「目の変化」もバセドウ病の特徴的な症状です。首のはれは、甲状腺の機能が低下する「橋本病」でも起こりますが、バセドウ病のほうが、よりはっきりと現れます。



■ホルモン過剰はなぜ起きる

--------------------------------------------------------------------------------

 甲状腺は、脳の下垂体から分泌される「甲状腺刺激ホルモン」の指令に従って、甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺には「受容体」と呼ばれる鍵穴があって、ここに甲状腺刺激ホルモンがはまることで、ホルモン分泌のスイッチが入ります。
 ところが、バセドウ病になると、特殊な「抗体」がつくられ、これが受容体にはまってスイッチを入れてしまいます。そのため、甲状腺刺激ホルモンの指令とは関係なく、どんどん甲状腺ホルモンが分泌されてしまうのです。



■治療法を選ぶポイントは?

--------------------------------------------------------------------------------

 バセドウ病の主な治療法は、「薬物療法」「アイソトープ療法」「手術」の3つです。一般的には、甲状腺ホルモンの合成を抑える「抗甲状腺薬」を使った薬物療法が第一に選択されます。副作用のために薬物療法を続けられない場合や、5年近く継続しても薬をやめられない場合などには、ほかの治療法を考えます。
 アイソトープ療法は、「放射性ヨード」をカプセルにして内服するもので、通院での治療が可能です。甲状腺を切除する手術は、入院の必要はありますが、短期間に治療できて、再発が少ないのが特徴です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント