--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/26

足の裏は全身の鏡

足の裏は優れた鏡です。私たちの身体の健康度を極めて正直に映し出します。体のどこにも異常がなければ、足の裏はどこまでも澄み健康そのものです。

逆に体のどこかに病気の兆候があったり、実際に偏重をきたしていたりすると、たちまち雲がかかったようにどんよりと曇ってしまいます。
これは、単なる比喩ではありません。これから段々詳しく説明していきますが、たとえば、肉体のある器官が何らかの病気に冒されると、それと関係の深い足の裏の部位の形が崩れたり色が悪くなったりなど、足の裏は明らかなほどの「曇り」を見せるのです。
しかし、足の裏が全身を写す鏡であることを知らない人は、どんな顕著な変化が表れていようと、足の裏は足の裏だけのことに過ぎないと考えてしまうでしょう。
これでは肝心のサインを見逃してしまうことになります。

足の裏の変化を見分けることは、非常に簡単です。
ようは足の裏という鏡が映し出す姿を、素直に受け止めればいいわけです。
あとはそれぞれのケースに応じて。足の裏を健康な状態に戻すよう方策を講じ実行するだけです。

足の裏を見れば、その人の身体にある各器官の健康度が
過去、現在、未来にわたり、あたかも鏡に映すがごとく浮き彫りにされることは、誰でも充分に理解できるはずです。
これが「脚の裏は全身の鏡である」と言われるゆえんなのです。
しかもこの鏡は、私たちが日常生活で使っている鏡と大いに異なり、抜群の精嚢を誇っています。

つまり、通常の鏡では写すことができない目に見えないからだの内側、それも隅々に至るまでをも、この鏡ははっきりと見せてくれるのです。

足つぼをするということは、全身の好不調を診断し、自分の健康状態をチェックするために毎日欠かさず足の裏を覗き込んでいるといえます。

例えば、肉体のある期間が何らかの病気に冒されると、それと関係の深い足の裏の部位の形が崩れたり色が悪くなったりなど、足の裏は誰の目にも明らかなほどの「曇り」を見せるのです。

足の裏が全身を映し出す鏡であることを知らない人は、どんな顕著な変化が表れていようと、脚の裏は脚の裏だけのことに過ぎないと考えてしまうでしょう。
これでは肝心のサインを見逃してしまうことになります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。