--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/23

耳 鼻 のどの病気/声帯マヒ

40代の頃から声がかすれ、声を出すのが苦しくなった。33年前に声帯ポリープの治療をしてそれらの症状はなくなったが、その後、声が出にくくなった。耳鼻科では「声帯の片側がマヒしている」と言われたが、原因は? どうすれば治るのか?


 
Answer

--------------------------------------------------------------------------------

声帯の動きが悪いということですが、声帯というのはのどの上のほうにある器官なんですね。扇のような形をしていて、それが神経によって閉じたり開いたりします。
声帯を動かす神経はどのようになっているかというと、脳から直接声帯に行くのではなく、一度胸まで行って、それから戻ってきているんです。経路が非常に長いものですから、いろいろな病気でマヒが起こります。
たとえば胸の病気や甲状腺の病気、食道の病気などでもマヒが起こることがあるんですが、一番多いのはかぜなどの後でウイルスが神経についてマヒが起こることなんですね。
ご相談者は点滴でビタミンの大量投与をされたということですが、実際にこのような治療で自然に回復することが多いですし、あとは残っている反対側の声帯でマヒした部分の声帯を代償していく形で回復していくことが多いんです。
しかし、だいたい半年から1年経ちますと、補うにも限度が出てくるんですね。
そのために、疲れたときや何かちょっとしたことで補いきれずに声帯に隙間ができて、声がかすれているのではないかと思います。
反対側の声帯が頑張ってマヒした声帯を補っているということで、かなりギリギリの状態になっておりますので、ちょっとしたことでトラブルが起こりやすいということに加え、年齢的な問題もあると思います。年をとると徐々にやせてくることが多いんですね。そういったことも含め、声のかれがひどくなってきているのではないかと思います。
 声帯は扇の要状をしている器官で、神経によって閉じたり開いたりしている
声帯の閉じを補うようにする治療法もある

では、治療法について詳しくご説明していきましょう。写真1をご覧ください。
これは声帯増量術の手術前と手術後の声帯の映像です。声帯増量術は、マヒした声帯の粘膜の下にコラーゲンを注入して、声帯を少しふくらませ、少しでも声帯の閉じを補うようにする治療法です。
程度がひどい方の場合は、首を切って手術的に声帯を内側にずらしてしまうという方法をとることもあります。どのような方法をとるかは、診察させていただいて、声帯の動きや隙間の程度を見ないと何とも言えません。
声帯増量術はテクニック的にはかなり難しいのですが、患者さんの負担は非常に少なく、我々は外来でも行っています。ご相談者は現在79歳ということですが、大きな合併症や心臓などに問題がなければ、ご高齢者でも治療を受けることは十分に可能だと思います。耳鼻科の中でも、特に音声を専門にやっていらっしゃる先生にご相談されたらよろしいのではないでしょうか。
この治療を受けられると声のもれが少なくなって、声が出しやすくなります。今まで長く話すと息つぎが多くなって苦しかったのが、ひと息で長く話せるようになって楽になってくると思います。それから、声の質も良くなってくるでしょう。
ご相談者は「お腹に力を入れないと話しにくい」ということですが、息むときは胸腔内圧を上げていろいろな力を出せるようにするわけですが、そのときは自然の反射で声帯を強く閉めるようにするんですね。声帯の閉じが悪い方はどうしても息む動作と同じようなことをして、少しでも声帯を閉じようとしますので、お腹に力が入ってしまうのだと思います。
今後のことですが、手術的に治療がある以外に、声帯というのは慢性の炎症などに影響を受けやすいので、日常生活ではのどを十分にいたわっていただきたいと思います
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。