2014/08/07

かぜと間違いやすい病気 高齢者の肺炎

■なぜ肺炎にかかりやすい?

--------------------------------------------------------------------------------

 年をとると、免疫力が低下するなどの理由で、かぜ、インフルエンザ、肺炎などにかかりやすくなります。肺炎を起こす細菌は、肺炎球菌、大腸菌、緑膿菌、嫌気性菌などです。お年寄りの場合、口の中の酸性度が変わったり、唾液の分泌が減ったりするために、これらの細菌が口の中に増える傾向がみられます。
 また、年をとると、かむ力や飲み込む力が弱くなったり、神経や筋肉などの働きが低下するため、食べ物や唾液が誤って気管に入る「誤えん」が起こりやすくなります。そのため、お年寄りには、口の中の細菌が、気管から肺に入り込んで炎症を起こす「誤えん性肺炎」が多くみられます。
 お年寄りの場合、肺炎になっても、高熱や激しいせきなどの目立った症状が現れにくいので、重症化しても気づかないこともあります。一般に、誤えん性肺炎が起こると、早めに受診しましょう。



■予防のポイント

--------------------------------------------------------------------------------

 日常生活では、誤えん性肺炎の原因となる誤えんを防ぐ工夫が必要です。ベッドで食事をする場合は、姿勢に気をつけましょう。また、睡眠時も上半身をやや高めにし、唾液の誤えんや胃からの逆流を防ぎましょう。食べものでは、一般に、柔らかく煮たもの、とろみのあるもの、ゼリー状のものなどは誤えんしにくいので、飲み込む能力に応じて調理法を工夫してください。また、口の中の細菌を減らすため、食後や就寝前に歯磨きやうがいをして、口の中を清潔に保つことも大切です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント