2014/08/25

忍び寄る肺炎にご注意/子どもに多い肺炎

子どもの肺炎では「細菌肺炎」のほか、「マイコプラズマ肺炎」が多く見られます。今回は、細菌肺炎とは治療薬の異なるマイコプラズマ肺炎の特徴や、治療を受けるうえでの注意点を解説します。
■子どもの肺炎の特徴

--------------------------------------------------------------------------------

 肺炎は、原因となる病原体によって、いくつかの種類に分けられます。子どもには、「細菌肺炎」のほか、特殊な細菌であるマイコプラズマが原因の「マイコプラズマ肺炎」が多く見られます。マイコプラズマは、一般の細菌とは違う特徴を備えているため、細菌肺炎に対して使われる抗菌薬の一部では効果がありません。
 子どもの肺炎が最近、「治りにくい」と言われていますが、その理由として、耐性菌が増えてきたことや、マイコプラズマ肺炎の場合に、適切な抗菌薬が処方されていないことなどが考えられます。



■細菌肺炎とマイコプラズマ肺炎の違い

--------------------------------------------------------------------------------

 細菌肺炎の病原体は、多くの子どもののどなどに住み着いている細菌で、かぜをひいて気管支の粘膜が荒れたときなどに、それらが肺に入り込んで肺炎を起こします。一方、マイコプラズマは、ほかの患者さんから感染したり、空気中から肺に入って、肺炎を起こします。
 細菌肺炎とマイコプラズマ肺炎では、炎症の起きる場所で、症状にも違いがみられます。マイコプラズマ肺炎の場合、小学生くらいになると、発熱がない場合もありますが、1週間以上せきが続く場合には、マイコプラズマ肺炎を疑って受診してください。



■治療

--------------------------------------------------------------------------------

 細菌肺炎には「ペニシリン系」や「セフェム系」の抗菌薬、マイコプラズマ肺炎には「マクロライド系」の抗菌薬が有効です。
 細菌肺炎とマイコプラズマ肺炎の合併が疑われるときは、ペニシリン系、セフェム系と、マクロライド系の抗菌薬が併用されます。ただし、マイコプラズマ肺炎の合併が見落とされ、マクロライド系の抗菌薬が処方されないと、マイコプラズマ肺炎によるせきや熱の症状がなかなか治まりません。抗菌薬を1週間服用しても、せきが続いたり、熱が下がらないなどの場合は、再受診して、担当医に相談してください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント