--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/24

視力・ピント調節の衰え(物が見えずらい)

【 視力・ピント調節の衰え 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★★★

 ●視力・ピント調節の衰え(物が見えずらい)
  ・文字を読み違える
  ・よく疲れる
  ・すぐに肩がこる

 ●注目 臨床データ
  視覚トレーニングをすると、目の疲労による
  視力低下ピント調節機能が
  14人中13人改善された。

   中高年になってパソコンをされている方、調節力はもう
   なくなっていると思われるんですが、パソコンをやると
   目が疲れてしまって、遠くが見えなくなるという人が、
   います。
   このピント合わせの緊張をとってやることで、視力が
   戻ることが多いのです。

 ●視力・ピント向上トレーニング
  目の前の『親指のツメ』と壁の『カレンダー』を
  交互に見る(1日30秒2回)

   近くのツメを見て、遠くのカレンダーを見て、の繰り返しで
   ピントを合わせる作業を繰り返します。


☆☆☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6.視覚トレーニング<まとめ> 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★★★★

 ●動体視力の衰え
  (動いている物を認識する力が落ちる)
  ・物を受け取るとき、よく落とす
  ・エスカレーターにスムーズに乗れない
  ・買うものがなかなか見つからない
  <トレーニング法>
   文字などを書いた紙をボールに貼ってつるし、
   回転をつけてゆらし、その文字を注視する。
   (1日1分)

 ●周辺視野の衰え
  (見えている範囲が狭くなる)
  ・よくつまずく
  ・人や物によくぶつかる
  ・火事で逃げ遅れ
  <トレーニング法>
   トランプの赤(ハート・ダイヤ)だけをバラバラに広げ、
   ハートマークの数字の小さい順に集める
   (20秒以内が目安)

 ●両眼視の衰え
  (両目で捉えられない)
  ・イライラする
  ・吐き気がする
  ・頭痛がなおらない
  <トレーニング法>
   色違いのペンを両手に持ち、鼻の先に縦に立て、
   手前のペンを注視しながら近づける
   (1日2回30秒)

 ●視力・ピント調節の衰え
  (物が見えずらい)
  ・文字を読み違える
  ・よく疲れる
  ・すぐに肩がこる
  <トレーニング法>
   目の前の親指のツメと、壁のカレンダーを
   交互に見る
   (1日2回30秒)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。