--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/27

血管が傷つくのを防ぐ入浴の仕方

 ●入浴の時に何か工夫をしていますか?

 ●血管修復の注目情報
  (ある入浴法)『スチームサウナ(スチームバス)』によって
  血管の傷が修復され血管が丈夫になることが判った

   これは、実際にサウナを一生懸命勉強した人がサウナが良いと
   言ってます。始めの入り方は60度に設定されたサウナに15分間
   入り、それを2週間続けたところ、血管の中の働きが40%も
   改善したんです。すごい改善です。そういうことで、外国でサウナが
   見直されて、今度はスチームサウナが良いという事になってきました。
   元々は、心臓に負担がかからないサウナが良いと言われてました。
   ミスト(スチーム)がマイナスイオンに作用して、しかもそれが血管に
   プラスになるということがわかってきたんです。
   よほど重症じゃない限りサウナが良いです。水圧がかからないので、
   サウナが見直されてきてます。家庭でも、色々工夫すれば、似たような
   入り方が出来るわけです。

 ●血管の傷を修復して頭痛・だるさを予防・改善
  家庭のお風呂をスチームサウナ風にするコツ

  浴槽にお湯をためる時『シャワー』を使う

   冬場なんかに、お風呂場を温めるためにシャワーを5分間ほど
   出しっぱなしにしておくとムンムンしますが、それも一種の
   スチームサウナです。

 ●血管の傷を修復して頭痛・だるさを予防・改善
  血管の傷つきを防ぐ先生オススメの入浴法
  ┏━━━━━━━━━━┓
  ┃  3段階入浴法  ┃
  ┗━━━━━━━━━━┛

 ●先生オススメ
  血管修復3段階入浴法

  まず
   浴槽にシャワーでお湯をためる
          ↓
  1段階
   首に蒸しタオルを当て、下半身だけ30秒
   ぬるま湯(38〜40℃)につかる
          ↓
  2段階
   肩までぬるま湯につかって全身を温める
          ↓
  3段階
   湯船から出る前に再び下半身だけ30秒湯につかる

  抹消の血管を充分に広げるということが一つです。ぬるいお風呂は
  ホントに大事なんです。これから夏場に向かいますからまだ良いですが、
  実際に、温度によってどのくらい突然死をするかを見ますと、やはり
  42〜43℃と少し熱めのお風呂の時に突然死が多いです。それなので
  40℃前後のところが良いです。熱めのお風呂が好きな人は最後に少し
  熱くした方が良いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。