2014/11/25

素早い動作で老化を防ぐ

 ●健康長寿の秘訣!
  脳力・肌力・体力を同時に高めて老化を防ぐポイント
  その(1)
  『素早い』動作

   加齢してくると、素早い動作や瞬発力が衰えてきます。

          <素早い動作>
             ↓
       人 間 本 来 の 動 き
     刺|     刺|     刺|
     激↓     激↓     激↓
      脳力     肌力     体力
     神経伝達が  皮膚感覚が   筋力が
     良くなる   高まる     高まる

   人間というのは本来、外敵からの攻撃とかに備えて
   本来は素早い動作がずっと出来るような生物だったんですが、
   文明社会であらゆることがオートマチック化されて、
   今はそれが欠けてきているんです。

   本来の働きである素早い動作がキチンと入ると脳に信号が
   行くわけです。それで神経伝達が良くなります。
   皮膚という、外側で刺激を受けるところが、感覚として
   素早い動きで高まる。
   動作そのものが筋肉を使いますので、筋肉自体も高まります。
   この3つが相互に密接に関連して、老化の防止にひとつ役立つ
   という事が素早い動作で出来るんです。

 ●健康長寿の秘訣!
  脳力・肌力・体力を同時に高めて老化を防ぐ

  素早い動作は『雑巾』を使う時にすると効果的

   日常で雑巾掛けは、普段でもやることなのです。
   それを使って脳力・肌力・体力を高めるという方法を
   紹介します。

 ●健康長寿の秘訣!
  脳力・肌力・体力を同時に高めて老化を防ぐ方法

  雑巾掛けは始めの『10』秒間素早く動かす

  さらに
  『絞る』時はゆっくり手首をひねる

   普段は、漫然と雑巾掛けをしていることが多いと思いますが、
   最初の10秒間は素早く雑巾掛けをして下さい。
   その後は普通に拭き掃除をしてもらって良いです。
   実は、やっている時に皮膚が凄く刺激されているんです。
   雑巾の感触や机の感触、窓ガラスの感触など皮膚にシッカリと
   信号を送っています。
   雑巾を絞る時は、水の冷たさを感じます。
   早い動きとユックリな動きは違う筋肉を使っているんです。
   これをやることによって、皮膚の感覚が蘇ってきます。
スポンサーサイト