--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/03/24

心臓病と身長・ウエストの関係

 ●年代別 日本人の平均身長(単位:cm)

           女 性       男 性
   20代    158.1     170.4
   30代    157.6     170.6
   40代    155.8     168.8
   50代    153.2     165.5
   60代    150.6     163・0
   70代    146.1     159.5
   80代    143.1     157.1

 〜最新の疫学調査から〜
  60歳〜79歳の女性4000人以上について調べたところ・・・

   心臓病を患っている人の身長は平均より
   『1.3』cm『低い』ことがわかった

    実際は、おかしい感じがしますが、疫学調査をすると、
    このような結果がでるんです。
    疫学調査ですので原因は、はっきりしていません。
    一つ言われているのは、身長が低い状況下に育ったという因子が
    あります。食生活・家庭の中での喫煙環境もあります。
    遺伝的な因子があるのかもしれません。
    実際の原因はわかりませんが、データとして身長の低い人は
    心筋梗塞になりやすいとでているんです。

 ●最近ウエスト回りが気になりませんか?
  (横っ腹がたるみはじめると・・・)
   アメリカで40万件、皮下脂肪を取る手術を行っているんです。
   美容上の問題なんでしょうが、5kg〜10kg以上取るそうです。
   どんな効果があるかというと、全く効果がないそうです。
   血圧・血糖値・コレステロール・心臓病になりやすいという条件も、
   何もかもが変わらないのです。
   たぶついている皮膚の脂は美容上の問題だけで、本当に悪い脂は
   もっと別な所にあるんです。

 〜最新の疫学調査から〜
  46歳〜65歳の女性44,702人を
  10年間追跡調査したところ・・・

   体重が正常でもウエストが『76.2』cm以上の女性は
   ウエスト『71.1』の女性に比べて、心臓病にかかる危険度が
   『2』倍以上高いことがわかった

   5cmの差ですから、かなり大きいです。
   お腹の腹囲というのは、実際にはお腹の回りの脂肪のことなんです。
   手術でお腹を開けると内臓の回りに、油をたっぷり入れて
   卵の黄身だけを「スクランブルエッグ」にしたみたいなものがあり、
   それが、ばら撒いたようになっていて、産業廃棄物のようです。
   この脂から悪い物質が出ていて、血圧を上げる物質、
   糖尿病になりやすい物質、血液が固まりやすい物質、
   などが出ているんです。
   それが、心臓血管系に非常にマイナスに働いている為に
   2倍以上というデータがあるんです。
   皮下脂肪ではなく、「スクランブルエッグ」なんです。
   摂るためには食事療法などで、痩せる方向にしなくてはいけません。
   最近は、色んな良い事が言われてきました。

 ●心臓病の危険度を高めるのは、体重よりウエスト!
   ウエスト76.2cm以上の太めの人は危険度2倍!!
   自分で触ってみて、それほど皮下脂肪がなくて、しかも
   普通の人よりお腹が出ているという人は、絶対に
   「スクランブルエッグ」なんです。
   これは、内臓の回りについているので、取れないんです。

 ●春に危ない心臓を守るには
  身長が低い人
    血管を丈夫にする
  ウエストが太い人
    お腹の脂肪を減らす
 
 〜注目情報〜
  『杜仲茶』には、血管を柔軟にする働きと、
  体脂肪を減らす働きがあることがわかった。

 ●血管を丈夫にして体脂肪を減らす杜仲茶の
  効果を得るには
  1日5杯は飲むと良い

 ●『杜仲茶』に、肉類を『10分程度』漬け込んで調理すると効果的!
  体の中に入れる前に、あらかじめ処理をしておくと
  いうことです。吸収しやすい、脂を分解しやすい状態に
  しておきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。