2015/04/20

心臓病の危険度を低下させる食べ物

 ●最新の疫学調査から
  男性38,000人、女性70,500人を
  20年間追跡調査したところ・・・
  『アブラナ科の野菜』と『オレンジ』を多く食べている人には
  そうでない人と比べて動脈硬化が少なく、心臓病の危険度が
  低いことがわかった

  アブラナ科の野菜
   ・ブロッコリー ・カリフラワー ・キャベツ
   ・チンゲン菜  ・菜の花

   アスピリンの元になっている、サルチル酸というものが
   含まれています。そのサルチル酸は、血小板の中にある
   トロンボキ酸という血液を固まらせる成分を、出来にくく
   してくれます。それにより、血液はサラサラになります。

 ●サルチル酸含有量(mg/100g)
  オレンジ     2.5
  イチゴ      1.5
  グレープフルーツ 0.6
  キウイ      0.6

 ●心臓病を予防するオレンジに含まれる
  サルチル酸が多く含まれる部位は?
  (1)外 皮
  (2)袋
  (3)果 肉
                 







 答え(3)

 ●最新の疫学調査でわかった「心臓病」予防
  オレンジとアブラナ科の野菜を1日1回
  1週間に3日以上摂る
   <1日の摂取量>
     オレンジ       1個
     アブラナ科の野菜 200g
スポンサーサイト