--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/28

首にかかる負担を減らす

 ●首に負担をかけて
  ストレートネックを招く最大の原因は
  『うつむき姿勢』
  首を『10度』前に傾けると首にかかる負担は『約2倍』に増える
  ※頭の重さ約5kg

 ●首にかかる負担を減らし、肩こり・頭痛を
  予防・改善するには首をたくさん動かしたほうが良い?
  ○or×
          答え(×)

   首を10度曲げるだけで負担が倍になるといったように、
   前に傾けるのは良いことではないのです。首には神経、頚動脈など
   重要なものが多くありますので、動かすことで損傷する可能性も
   あるのです。あまり動かさないで筋力をつけたいのです。

 ●料理・洗濯・食事・読書などで
  うつむき姿勢になる時は・・・
  『2分』に1度『10秒』間頭をやや上げる
  (約20度)

 ●ストレートネックチェック(まっすぐな首の骨)
  頭と背中を壁などに押し当てた気を付けの直立姿勢から
  肩をゆるめた楽な姿勢になってください。
  頭がどの位、前に傾きますか?

  判定
   角度が5度以上傾くとストレートネックが進行中!!
  自覚症状は・・・
   首を一回転させたり、首の後ろを押すと
   違和感や痛みがある

 ●日常生活の家事以外で首にたくさん負担をかける
  思いがけない動作は・・・

   髪を洗う動作

 ●ストレートネックの進行をくい止めて不快症状を予防・改善
  髪を洗う時、首が『20』度前に傾いただけで、
  身体から脳へ送られる血液は、1分間に約『900』ml
  (約『60』%)減少する

 ●脳への血流量(頚椎血流量)
  ※正常を100%とする

   首のキレイなカーブを持っている人を100%とすると
   首が10度曲がるだけで、頭にいく血液が30%ぐらい
   減るんです。髪を洗う時はもう少し曲げますので、
   それが20度曲がると40%ぐらいになってしまうんです。
   入浴中は血圧が上がってますし、汗をかいているので血液が
   少しドロドロしています。ですので、余計に普通の状態より
   頭に行く血液の量が悪くなります。

  脳への血流量            1500ml/分
  洗髪時に減少する脳への血流量     900ml/分

 ●ストレートネックの進行をくい止めて不快症状を予防・改善
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  首にやさしい髪の洗い方  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

  ・背すじを伸ばし顔をやや上げ、『前』髪から、
   『後ろ』髪の方へ髪を洗う
  ・洗い流す時は、顔をやや上げ『前』髪の付け根をめがけて
   シャワーを当て、髪全体を洗い流す
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。