--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/11

ひざの痛みと漢方治療

ひざの関節は、図1のような構造をしています。年をとるに従って、軟骨がすり減って、関節に炎症が起こると、痛みが生じやすくなります。また、ひざに水がたまることもあります。こうした病態を「変形性膝関節症」といい、高齢者のひざの痛みで最も多くみられます。
 ひざに痛みがある場合、西洋医学では、まず問診を行い、必要に応じて、エックス線検査などを行います。治療には、運動療法、装具療法、薬物療法といった「保存療法」と、「手術療法」があります。
 ひざの痛みに対する漢方治療は、薬物療法の1つとして行われますが、西洋薬と漢方薬では、図2のように、治療の目的が異なります。漢方薬は、副作用のため西洋薬は使いづらい、あるいは、保存療法を行っても痛みが軽減されないといった場合の治療に適しています。手術が必要な場合には、漢方治療の対象とはなりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。