2016/07/06

カビによる梅雨太りを予防・改善する 



 ●気になる最新情報
  空気中のカビは脳にストレスを与え続けている
  ことがわかった
       ↓
  知らず知らずのうちに
  梅雨太り(肥満)を招く恐れ

   私達はカビに次第、次第に慣れていって、臭いは
   感じなくなっているんです。
   カビ濃度の濃いところだと分かるんですが、家の中だと
   慣れるんです。
   脳の方はそれがストレスで、ずっと感じ続けているんです。
   すると、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されて
   脂肪の燃焼能力を低下させ細胞が不活発になり、太りやすい
   という条件になります。
   梅雨の時は、それプラス運動不足が加わりますので、梅雨太り
   になるんです。

 ●最新情報 2005年5月発表
  お酢の主成分
  酢酸には体脂肪の蓄積を防ぐ
  効果があることがわかった

  ただし
   脂肪燃焼の効果を得るにはハチミツ入りリンゴ酢の
   『摂り方』のひと工夫が大事!!

 ●ハチミツ入りリンゴ酢を『発酵食品』と一緒に摂ると梅雨太りを
  防ぐだけでなく脂肪燃焼が『1.5』倍以上になる

 ●発酵食品
  主成分「乳酸」
  渋味をともなう酸味
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  キムチ・ぬか漬け・ヨーグルト  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   発酵食品の中の乳酸菌が働いてくれるんです。
   働くと乳酸を作るんです。
   乳酸というのは腸の中に入って血液に吸収されると
   ピルビン酸というものが出来るんです。
   これは、B1と一緒になって、エネルギー回路を
   活発化させてエネルギーを出すという働きになるんです。
   乳酸が身体の中で脂肪を良く燃やします。

 ●カビによる梅雨太りを予防・改善する
  ハチミツ入りリンゴ酢+発酵食品

  酢酸      脂肪を抑制
  リンゴ酢    血行を促進
  乳酸      脂肪を燃焼

  「『酸味一体』効果」が得られる
   (三位)

 ●ハチミツ入りリンゴ酢+発酵食品は
  『買い物』など『外出』の前に摂っておくと
  脂肪燃焼効果を最大限に高められる
スポンサーサイト