--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/11

丈夫にしたい!骨と関節

■毎日の食事と運動で骨を強く

--------------------------------------------------------------------------------

 骨粗しょう症を予防するために大切なのは、「食事」と「運動」です。高齢になってからでも、食事や運動に気をつけることで、骨の状態を改善し、骨粗しょう症を防ぐことが可能です。体の中からは、カルシウムの摂取によって、また、体の外からは運動によって、しっかりとした骨をつくっていきましょう。



■プラス200mgのカルシウムを

--------------------------------------------------------------------------------

 カルシウムは、体内でつくることができないため、食事からとる必要があります。乳製品、海産物、緑黄色野菜などに多く含まれていますが、体内に吸収されにくいため、カルシウムの吸収を促す食品を一緒に食べるなどの工夫が必要です。
 日本人に必要なカルシウム所要量は、1日当たり600mgとされていますが、特に閉経後の女性など、骨粗しょう症になりやすい要因のある人は、1日800mgくらいのカルシウムを摂取する必要があるといわれます。



■ウオーキングや体操を習慣に

--------------------------------------------------------------------------------

無理をしない程度の運動を継続することは、骨を守るためには非常に大切です。お年寄りの場合は、ウオーキングや水中ウオーキングなどを、週に2〜3回、1回に30分〜1時間程度続けることを習慣にするとよいでしょう。ただし、治療中の病気がある場合は、担当医に相談してから行うようにしてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。