FC2ブログ
2017/08/22

もの忘れ

人間、年をとるともの忘れが激しくなり、会話の中でも「アレ」とか「ソレ」という言葉が多くなる。自分がやろうとしたことを忘れてしまったり、テレビに出ているタレントの名前などが思い出せなくなり、もどかしい思いをするなど、加齢というのはせつないものである。

 
でも、よくよく考えてみれば、肉体だって加齢とともに衰えるのだから、脳ばかりを恨んでもしかたがない。
 

そこで、こんな疑問がわいてくる。
「ふつう、歳をとると筋肉が落ちて体力が衰えてしまう。それと同じように、脳も年をとると縮んで小さくなってしまうのだろうか?」
 
結論からいうと、悲しいかな、加齢などによって脳は本当に縮んでしまうらしい。
 
なぜなら、脳の神経細胞というのは、一一○歳をすぎると、一日一○万個から二○万個ずつ減っていくからだ。この調子でコンスタントに減りつづけると膨大な数になる。とくに六○歳をすぎると急激に減ってしまうといわれている。
 
そのぶん、脳というのは発育も早いようである。生まれたばかりの赤ん坊でも、すでに神経細胞がほぼ完成しており、重さも四○○グラムあるというのだ。四~五歳児になると、なんと一一一○○グラムにもなり、成人の重さとほとんど変わらなくなる。そして、二○歳ごろがピークで一三五○グラムに達し、それ以降は、しだいに減少していくというわけだ。
 

また、加齢以外にも、脳が縮んでしまうことがある。脳の病的萎縮だ。パーキンソン病やアルッハイマーなどがそれで、年齢と関係なく脳の神経細胞が減少してしまうらしい。
 
だからといって、悲観的になってばかりもいられない。単なる加齢の場合なら、本人の努力しだいで、多少、脳の老化を食い止めることもできる。巷で、脳を鍛えるゲームソフトの類が大流行しているのも、そういった危機感の現れなのだろうか。
 

しかし、ハイテクに頼らなくても、脳を鍛える方法がある。手を動かすことだ。手を動かすと、脳のさまざまな部分が連続して働くようになる。昔ながらのお手玉や折り紙などは、遊びながら効果的に脳を活性化させる方法だ。
 
暇でボーッとしているときに、手を動かすように努めれば、少しは脳の老化に歯止めがかかるかもしれない。
スポンサーサイト