FC2ブログ
2017/10/28

レム睡眠とノンレム睡眠

得体の知れないなにかおそろしいものに追いかけられ、必死で逃げようとしているのに、
なぜか足が動かない。その「なにか」がしだいに迫ってきてついに追いつかれる。「ウワー
ッ!」と叫ぶと目が覚めて布団の中にいた。そんな悪夢を見たことのある人は多いだろう。
その反対に、目の覚めるような(?)美女と仲よくなり、うまいことをやっているなどという楽しい夢を見ることもあるだろう。
夢とは自分の思いどおりにならないものだが、その正体はなんだろう?
人は眠っている間にレム睡眠とノンレム睡眠とをくり返している。レム睡眠とノンレム睡眠の一セットで約九○分の周期を、睡眠時間の八時間ほどの間に四~五回くり返す。レム睡眠は、身体は休んでいるが脳が活動している状態であり、ノンレム睡眠は脳は休んでいるが、身体が活動している状態である。

浅い眠りであるレム睡眠のとき、まぶたの下の眼球はすごいスピードで動き回っている。
このときたいていは夢を見ている。一方、ノンレム睡眠中にはまぶたの下の眼球はまったく動かない。このときも夢を見ることはあるが、レム睡眠時よりは少ない。


レム睡眠時に見る夢は、荒唐無稽だったり、起きているときには思い出せないような昔の記憶が睦ったものだったりする。ノンレム睡眠時に見る夢は、いま現在の悩みごとや寝る前に考えていたことなどに影響されるらしい。

夢を見ているときは、脳の中の海馬などの記憶中枢のある大脳辺縁系と後頭部の視覚野が活発に活動していることがわかっている。そのために、記憶にもとづいて映像化されたイメージが現れると考えられている。
「おれは夢なんか全然見ないよ」という人もいるかもしれないが、そういう人は見た夢を忘れてしまっているだけのようだ。レム睡眠時だけだとしても一晩に四~五本は夢を見ているはず。ところが、レム睡眠時に夢を見ても、次にノンレム睡眠に入って深く眠ると、ついさっき見たばかりの夢を忘れてしまうことがほとんどだという。
しかし、そもそも人はなぜ夢を見るのだろうか?
かつてフロイトは、夢とは無意識の欲望の現れであるとした。いまでは、「夢を見ることは、起きている間の記憶や思考を編集し、必要な記憶を脳に定着させ、不必要な記憶を消去するという作業である」という説が有力とされている。しかし、人がなぜ夢を見るのかについては、残念ながらいまでもよくわかっていない。
スポンサーサイト