FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/12/24

我慢したオナラ

周りに誰もいない場所ならともかく、人前でオナラをするのはやっぱり恥ずかしい。うら若き乙女であれば死にたくなるかもしれない。そこで、多くの人が、オナラをしたくなってもぐっとこらえることになる。しばらく我慢していると、あら不思議、いつの間にかオナラをしたいという感覚が消えているではないか。
 
あ-よかった。ピンチを脱することができて一安心。でも、ちょっと待った。あのオナラはいったいどこへ行ってしまったんだろう?
 

外へ出るはずのものが出なかったのだから、まだ中にいるに違いない。シャーロック・ホームズならずともここまでは推理できよう。しかし、身体の中のいったいどこへ?
 オナラの成分の約七○%は空気、約二○%が血液から腸内に出てきたガス、約一○%が腸内の食べ物が発酵してできたガスだという。
 虹門から外へ出られなかったオナラは、来た道を逆に戻って大腸に入る。ここで、粘膜を通っている毛細血管から吸収される。オナラの量が多ければ、大腸では吸収しきれず、小腸にまで戻ることがある。ここでも同様に毛細血管から吸収される。
 

ということは、血液の中に溶け込んでオナラが身体中を回るということになる。そして、一部は腎臓で処理されてオシッコになるが、大部分は肺の毛細血管に運ばれ、息といっしょに口や鼻から排出されることになる。いってみれば、口からオナラをするようなものだ。


 
じつはこれ、我慢したオナラにかぎらない。腸内で発生したガスは常にその一部が血液に吸収され、肺まで運ばれて息といっしょに口や鼻から排出されているのだ。
 
人前であろうとなかろうと絶対にオナラなんかしないという人もいるかもしれないが、
そんな人でもじつは口からオナラをしているのだ。どんなに可憐な乙女でも、人間である以上一日に四○○~一二○○ミリリットルのガスを体内で発生させている。それが身体から出ていかなければたいへんなことになってしまう。
オナラを我慢して腸内にガスがたまれば、圧力が高まり、腹痛を引き起こすことがある。

ときには胆のうや輝臓をも圧迫し、激痛を招くことも。さらに、我慢することで、人前でオナラが出てしまうのではないかという恐れを抱くようになり、それがストレスとなってさらに腸内でガスが発生しやすくなってしまうという悪循環に陥ることもある。
 我慢したところで結局は出るものなのだから、オナラがしたくなったら早めにトイレや人のいない場所に移動して放出するのが健康のためには一番いい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。