FC2ブログ
2018/01/11

おしっこをすると身震いする

一つ目は、勝耽にオシッコがたまっていることで緊張していた筋肉が、放尿によって緊張から解放されたからというもの。しかし、これなら女性にも当てはまることで、男性だけが身震いすることの説明にはならない。

二つ目は、オシッコという温かいものが身体の中にあったのに、それが一気に体外に排出されたために身体の熱が奪われる。そのため、筋肉を小刻みに動かして熱を発生させ、身体を温めようとするのだというもの。

これも一つ目の説と同様、女性にも当てはまることだ。
三つ目は、血圧の影響だというもの。『ウンチとオシッコの100不思議」(東京書籍、左巻健男監修、山本文彦・貝沼関志編著)には、次のように書かれている。
「大量のオシッコが出て勝耽が縮むと、その分だけおなかの中の圧力が急に下がるので、それを補うために全身から血液が腹部に送り込まれます。その影響で血圧が下がり、脳に送られる血液量が減ります。立小便をしている男性では、この影響が大きく出て顔色まで蒼ざめてきます。この非常事態に対して、自律神経の中の交感神経が、反射的に血圧と体温を回復させるようにはたらきます。交感神経は血管を収縮させて血圧を上げようとします。さらに筋肉を緊張させ、ブルブルと震えさせて、その運動の熱量で体温を上げようとします」

この本によれば、女性が身震いを起こさないのは、座っているのでオシッコをしたあとの血圧低下が小さいこと、出産のための機能としておなかの中の圧力が急に下がってもその影響が小さいように身体がつくられているといったことが理由だという。
この説にはなかなか説得力がある。身震いが男性にのみ起こるのも、男性は立小便をするので脳が高い位置にあり、脳の血液量低下が大きいからだと説明できる。
いずれにせよ、本当の理由がなんであれ、男がオシッコのあとに身震いすることにかわりはない。それがイヤな人がいたら、座ってオシッコをするようにしよう。
スポンサーサイト