2018/02/04

唇の赤

ちよっと意外だが、唇を、もつのは動物の中で、も浦乳類だけだ、という。いわれてみればそうか。浦乳類以外の脊椎動物には、唇はもとより頬もなく、食べ物は基本的に丸飲みだ。
哨乳類といえばおっぱい。要はおっぱいを吸うために、筋肉が発達し、すぼめられる形状になっている、ということだ。その中でも、赤い唇をもつのは人間だけなのだそうだ。


唇の赤は、じつは血液の色。
唇は皮層ではなくて、口の中の粘膜がめくれて外に露出したものなのだ、という。皮層ではないので表面の皮が非常に薄く、色素がない。そのために、血管が透けて赤く見えるのだ。下まぶたの裏側が赤いのと同じことだ。たしかに、赤、といっても厳密には赤黒いことが多い。


唇の色は健康状態を映しやすい。たとえば、プールに長時間入っていて唇が紫色になることがある。これは、寒さで唇の血管が収縮して血液中の酸素が不足するため。チアノーゼという状態になっており、より深いところにある静脈が透けて見えているのだという。
また常に唇の色が悪い人は、貧血、血行不良、冷え性などの症状があることが多い。血液の異常を確認しやすいので、赤ちゃんの健康状態を判断するときにも、唇の色を見ることが多いようだ。


粘膜というだけあって、ほかの皮層より敏感なのも大きな特徴。指先よりもずっと感覚受容器が多い場所なのである。唇に多くの感覚受容器が集まっているのは、そこが消化器官の入口だから。熱い飲み物や異物を、体内に入る前に感知してシャットアウトするためには、鋭い感覚を備えている必要があるのだ。赤ちゃんはなんでも口に運ぶ習性があるが、そうすることでモノの形や大きさを確認しているといわれる。


また、冬になると肌よりも先にまず唇が荒れたり、切れたりする。唇には汗腺や皮脂腺がない。そのため、外的な刺激を受けやすいのだ。唇の荒れは、乾燥はもちろん、風邪やビタミン&不足などによっても起こる。唇の端が切れるのは、胃の機能が低下している証拠だといわれる。疲れやストレスがたまっているときは、唇の周りに口唇へルペスなどの
粘膜性疾患も起こりやすい。
唇の色が悪いからといってせっせと口紅を塗りたくる女性がいるが、口紅の発色にはもとの唇の色も影響する。唇の色素が濃い人などの場合、そのままでは見本どおりの色が出ないので、コンシーラーなどで地色を抑えてから口紅を乗せるとよいという。
スポンサーサイト