FC2ブログ
2018/03/30

そばかす

しみは、おもに紫外線によってメラニン色素が沈着したもの。新陳代謝が活発な若いときには一定のサイクルで排出されていたものが、代謝の衰えとともに、皮層に残って沈着するようになるのだ。女性の場合はとくに、女性ホルモンのバランスが崩れ始めると皮膚中のメラニン穎粒が増え、しみができやすくなる。
しみは発生する原因、できる部位、形状などにより分類できる。

20代以降の女性に特有の、女性ホルモンの影響で発生するしみは「肝斑」。目の下や頬などに、左右対称に広がるのが大きな特徴だという。妊娠中に突然増えるしみもこのケースが多く、たいていは出産を終えると薄くなるといわれる。
紫外線と老化が原因で顔や手足、背中などに現れるしみは、「老人性色素斑」と呼ばれる。もっとも一般的なしみがこれ。老人性とついているけれど、二○代くらいから徐々に現れ、高齢者では必発とされ、ほとんどの人に見られる。


これに対して、そばかすは一般に子どものころに現れ始める。医学的には「雀卵斑」といい、しみの一種と考えられている。おもに遺伝的な要因といわれ、しみよりも一つひとつの色素沈着は小さいが、点在して多数現れるのが特徴だ。
ほかにも、炎症や傷の跡が色素沈着して残る「炎症後色素沈着」など、いくつかのタイプがある。ただし一度できてしまったしみについては、紫外線によって悪化するという共通点があるそうだ。
「しみが出るのは年をとった証拠」みたいに思いがちだけれど、このように必ずしも加齢が原因とはかぎらない。もし自分の顔にしみを発見したら、くよくよする前にどのタイプに該当するかよく考えよう。また他人の顔にしみを発見しても、「意外と若くないのかな?」などとうがった見方をしたりすることのないように。
しみ・そばかすがメラニン色素が残って沈着してできるのに対し、ほくろは、メラニンを多く含んだ母斑細胞が寄り集まってできたもの。先天的なものと後天的なものがある。
ほくろは皮層の表面に近いところにでき、平らなものと盛り上がったものがあるが、しみ・そばかすはもっと皮層の深いところにできるという点で、ほくるとは大きく異なる。
スポンサーサイト