FC2ブログ
2018/04/29

指がしわしわ

「ママー、指がしわしわになっちゃったよ!どうしよう~」
「大丈夫、お風呂から上がってしばらくすれば、もとに戻るから」
「どうしてしわしわになるの?」
「ずっとお湯につかっていたから、指がふやけちゃったのよ」
日本人なら誰もが一度は体験しているであろう、このやりとり。まだ考えの浅い子ならば、テキトーな母親の説明にも「なんだ、そうだったのかあ」と納得してくれるけど、ちょっと知恵のついた子だったらそれではすまない。
「でもどうして、ほかのところはしわしわにならないの?」
というツッコミを受け、母親は答えに詰まってしまうかもしれない。


あのブョブョとしたなんとも気色悪い触感と、自分の指が自分のものじゃなくなるような感覚。指先だけでなく、手のひらや足の裏もふやけることがあるけれど、それ以外の場所では見られない。また、お風呂のお湯にかぎらずプールなどでも、長時間入っていればしわしわになることはある。


皮膚は外側から順に、「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層から成っている。表皮の一番上には「角質層」がある。角質層はミルフィーュの断面のような層を形成していて、厚さ(層の数)は場所によって異なる。手のひらや足の裏はとくにこの層が厚く、そして角質層は、厚いほど硬くて乾いているのだという。
さて、角質層には水分を閉じ込める働きがある。角質層がうんと厚いということは、それだけ乾燥していて、大量の水分を吸収することができるということ。長時間水に触れていると、角質細胞に余分な水分が入り込みふくれてしまう。
「なるほど~」とここで納得した人、もう少しよく考えて!「ふくらむ」と「しわしわ」になるって、ちょっと矛盾していると思わないだろうか?
しわしわの理由は、ふくらむのは角質細胞だけだということ。その下の細胞は変化しないから、ふくらんだところがひだのようになって、しわしわに見えるのだ。
世の女性たちは、保水だ保湿だといって、この角質層を守ることに躍起になっている。顔の角質層は薄いから、

せっせと肌に水分を送り込まないと、乾燥してしまうのだ。
「でもどうして、ママの指はしわしわにならないの?」
うっ……。年齢とともに、角質層の水分保持能力は衰えてくるのだ。
スポンサーサイト