--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/11

高血圧を予防

■高血圧の原因

--------------------------------------------------------------------------------

 血圧を上げる要因には、「年齢」「性別」「遺伝」といった、変えることのできないものもありますが、高血圧の大きな要因となっているのは、「塩分のとり過ぎ」「アルコールのとり過ぎ」「運動不足」「ストレス」「肥満」といった「生活習慣」です。高血圧の多くは、こうした要因がいくつか絡み合って起こっています。ふだんの生活を見直して、1つでも多く要因を減らしていくことが、血圧を下げることにつながります。
 特に、将来高血圧になる可能性が高い「高血圧発症予備軍」と呼ばれる人たちは、早めに生活習慣を改善して、高血圧を予防することが重要です。



■血圧にやさしい食事

--------------------------------------------------------------------------------

 高血圧で最も問題となる生活習慣は、塩分のとり過ぎといわれています。塩分をとり過ぎると、循環血液量が増加して、心拍出量の増加や、末梢血管抵抗の増加などを招くために、血圧が上昇するのです。
 理想的な食塩の摂取量は、健康な人では、「1日10g以下」、高血圧の人では「1日6〜7g」です。塩分の多い食品を好む日本人は、平均して「1日11〜12g」の食塩をとっているので、減塩に取り組むことが大切です。
 塩分の多い食事に慣れた人でも、調理や食事の仕方に工夫をすれば、減塩食でもおいしく食べることが可能です。最初は味気なく感じるかもしれませんが、慣れれば素材本来の味が楽しめるようになるので、前向きに取り組みましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。