FC2ブログ
2018/07/07

たんこぶ


「学校で遊んでいて、友達とぶつかって、たんこぶができてしまいました」
 
これを読んで、どんな映像が思い浮かぶだろうか? どこをぶつけたとは一言も書かれてはいないけれど、誰もがきっと、頭か額の一部がぷくつと腫れ上がった様子を思い描いたに違いない。


 
体の一部を強く打ちつけたとき、血管が傷つき内出血を起こすことがある。患部が腕や腿などの柔らかい場所の場合、あざが残る。あざが青や紫に変色して見えるのは、流れ出た血液が体内で固まって、それが肌を通して透けているためだ。
 
ところがぶつけた箇所が頭の場合、皮膚の下には厚くて硬い硬膜があり、内出血を起こ しても、流れ出た血の行き場がない。やむなく外側へふくらみ、こぶとなるのだ。つまり、ほかの部位ではあざになるべきところが、頭や額などの場合にかぎり、たんこぶになるといえる。たんこぶの中身は、内出血により固まった血液というわけ。
 
単に「こぶ」というと、いわゆる「こぶとりじいさん」のこぶのような脂肪や腫傷の塊や、静脈癌などのこぶ劃笥)含むけれど、一般に「たんこぶ」といえば、ぶつけてできたこぶを指す。もちろん俗称で、医学的には皮下出血とか頭皮下血腫などと呼ばれる。
 
では、たんこぶの「たん」っていったいなんだろう? はっきりとはわかっていない
が、近いところで「青たん」という言葉がある。青あざと同じ意味で、最近では全国的に使われているが、もともとは北海道地方の方
言なんだとか。こぶも広義のあざに含まれると考えると、「たんこぶ」「あざ」+「こぶ」と考えることもできそうだ。
 たんこぶができてしまったら、すぐに冷やすこと。冷やすことで出血が広がるのを抑えられ、たんこぶは早く引っ込む。

スポンサーサイト