2013/10/12

更年期の悩み/更年期障害の再発

更年期以降に見られる症状を並べたものです。閉経期と書いてあるところがいわゆる更年期です。閉経を過ぎてもエストロゲンの不足は続き、再び出てくるわけではありません。治っていくというのは体が慣れてくるだけです。
症状が70歳になっても取れないことは、珍しくはありません。
この方の場合も、もう一度更年期の治療をなさってよいと思います。
次に副作用です。
ホルモン剤によって、乳がんの危険性が少し増えるのではと言われていますし、子宮体がんの危険性も完全には否定しきれていません。
子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や子宮内膜症、乳腺(にゅうせん)症などの病気の再発や、出血やむくみといった副作用もあります。これらをてんびんにかけてどちらか選ぶことになります。
副作用に関しても研究が進んでおり、私は病院でしっかり管理をすれば心配はないと考えております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント