--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/12

更年期、こんな症状から始まる

■更年期に見られる症状

--------------------------------------------------------------------------------

「閉経」を挟んで前後5年間ずつ、計10年ほどを、「更年期」といいます。閉経の時期は平均で50歳くらいなので、一般的には、45〜55歳くらいが更年期といえます。
 更年期には、多くの女性が、「突然、顔がほてる」「大量に汗をかく」「気分が落ち込んでやる気がなくなる」「手足が冷える」「よく眠れない」「肩こりや頭痛がひどくなる」などのさまざまな不調を感じます。こうした更年期に現れる多彩な症状をまとめて、「更年期障害」といいます。
 更年期は、これまで盛んに分泌されていた女性ホルモンが、急激に減少する時期で、更年期障害は、主として女性ホルモン分泌の減少に伴う体内の変化によって起きます。更年期障害は、6〜7割程度の人に見られると推測されていますが、治療が必要なほど症状が強い人は、2〜3割くらいだといわれます。




■女性ホルモンと更年期障害

--------------------------------------------------------------------------------

卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌は、脳でコントロールされています。まず、脳の視床下部から「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」が分泌され、このホルモンが下垂体に「性腺刺激ホルモン」の分泌を促し、さらに性腺刺激ホルモンが卵巣に女性ホルモンの分泌を促すという仕組みです。
 女性ホルモンの分泌量は20〜30歳代がピークで、その後は卵巣の老化に伴い徐々に減り、40歳代に入ると急激に減少します(図2)。女性ホルモンの分泌が減少すると、脳では分泌を促そうとして、性腺刺激ホルモンなどを分泌し続けますが、女性ホルモンの分泌は増えないため、血液中の性腺刺激ホルモンが増加し、視床下部や下垂体は過重労働になってしまいます。すると、その近くにある自律神経の中枢が影響を受けます。自律神経には、臓器の働きを調節したり、血圧や体温などを一定に保つ役割があるため、その働きが乱れると、さまざまな異常が現れてくるのです。また、女性ホルモンには、体内の環境を整える働きもあるため、その分泌が減少すると、体内の活動にさまざまな影響を与えます。それも更年期障害を引き起こす大きな要因です。
 このように、更年期障害が起こる主な要因は、「女性ホルモン分泌の減少や、自律神経の乱れ」ですが、そのほかにも環境の変化による精神的ストレスや、個人の性格などの多様な要因が絡み合って発症すると考えられます




■治療を受けるかどうか

--------------------------------------------------------------------------------

女性ホルモンの分泌が少なくなり、体内の調整がうまくいかなくなっても、体は自身の力でバランスの乱れを調整しますので、更年期障害を放置しておいても、時がたつにつれて、症状は消えていきます。しかし、毎日つらい症状に耐えていては、生活の質が低下してしまいます。症状が強く、日常生活に差し支えるようなら、積極的に受診して、治療を受けることを考えてもよいでしょう。
 また、女性ホルモンが減少する更年期以降は、骨の密度が低くなり「骨粗鬆症」が進展したり、動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞などのリスクが高くなるなど、女性の健康にかかわる重大な体の変化も起こります。更年期障害の症状だと思っていても、「生活習慣病」など、ほかの病気が原因である場合も考えられるので、一度きちんと受診しておくことをお勧めします。受診するのは婦人科や産婦人科のほか、最近は「更年期外来」や「閉経外来」を設けている医療機関もあるので、こうした専門外来を受診してもよいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。