--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/12

老化度チェック

■老化によるさまざまな機能低下

--------------------------------------------------------------------------------

・体力の低下・・・負荷に耐えられるよう備わっている予備力の低下とともに、肺活量や筋力なども低下するため、スタミナや瞬発力など体力が衰えていきます。
・関節や骨の変化・・・骨の量が徐々に減るため、骨がもろくなり骨折しやすくなります。また、関節の動きを助ける軟骨も、すり減ったり変性したりするため、動きが悪くなり、関節炎などの病気も起こりやすくなります。
・臓器の衰え・・・臓器自体の働きの低下に加え、臓器の働きを調節する機能も衰えます。
・感覚機能の低下・・・一般に、すべての感覚(視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚)が衰えます。自覚しやすいのは、老眼や白内障などの視覚の衰えです。
・神経機能の低下・・・神経を通じて刺激が伝わるスピードは、さほど落ちませんが、そのほかの身体機能が低下してくるため、動作が緩慢になったり、不安定になったりします。
・睡眠の質の低下・・・眠りを起こしたり、維持・管理する脳の機能が衰えるため、「ぐっすり眠れない」「すぐに目が覚める」などが起こります。
・平衡感覚の低下・・・平衡感覚をつかさどる三半規管や脳、脊髄の老化により、体のバランスを保ちにくくなります。
・物忘れ・・・脳の神経細胞の減少や、変性のため、「物忘れ」などが現れます。
・感情の起伏が激しくなる(感情失禁)・・・感情をコントロールする働きが低下するため、喜怒哀楽の感情が激しく、極端に現れるようになります。





■老化はなぜ起こる?

--------------------------------------------------------------------------------

老化がなぜ起こるかについて、はっきりわかってはいませんが、老化には「遺伝的な要因」と「環境要因」がかかわっていると考えられます。環境要因とは、食事、運動、喫煙、睡眠などの生活習慣や、高血圧、高脂血症、糖尿病などの病気の有無などです。また、最近では、「活性酸素」によって、細胞や体の働きにとって重要な分子が攻撃され、障害されて老化が進む、という説も注目されています。活性酸素は大気汚染やストレス、喫煙などによって体内に増えるので、環境要因に含むことができます。
 老化の程度やスピードに個人差があるのは、この環境要因が深く関係しているからだと考えられています。ネズミを使った実験では、食事量を80%に減らしたり、適度な運動を行うと、老化を遅らせ、寿命が延びることがわかっています。
 以下の項目で、あなたの老化度をチェックしてみましょう。1〜5が主に身体的な機能の老化を、6〜10が主に知的・精神的な働きの老化を調べるチェックポイントです。
1. 駅の階段を、休まずにのぼれますか?
2. 手指が思うように動かないと思いますか?
3. 両足をそろえて目をつぶると、以前よりよろけやすいですか?
4. 夜中に、2回以上トイレにたちますか?
5. 新聞を読むとき、離して持ちますか?
6. いつも行っている場所や、よく会っている友達の名前が思い出せないことがありますか?
7. 買い物をするとき、お釣りの計算がとっさにできにくいですか?
8. 新しい場所に行ったり、知らない人の多い集まりに行くのがおっくうになりましたか?
9. ちょっとしたことで涙もろくなったり、怒りっぽくなったと思いますか?
10.熟睡ができない、もっと眠りたいと思いますか?




■老化と病気の関係

--------------------------------------------------------------------------------

年とともに、自然に体の機能が衰えることを、「生理的老化」と呼びます。これに対して、何らかの原因で老化が加速され、病気を引き起こすものを「病的老化」といいます。
 例えば、骨量の減少は誰にでも多少起こりますが、減少のスピードが速いと、骨折しやすい状態になる「骨粗鬆症」になります。骨粗鬆症になっても、治療によって骨量をある程度増やすことができますが、若いころからカルシウムをたっぷりとって、最大骨量を増やしておけば、減少のスピードが速くても、骨量はそれほど減少せずにすみます。
 このように、環境や生活習慣を改善することによって、老化の進行を遅らせることもできるので、日ごろからライフスタイルに気を配って、生き生きとした老後を送れるようにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。