2013/10/25

エイズ治療の基本

 HIVに感染してからエイズを発症するまでには、通常、数年から十数年の「無症候期」があります。ただし、その間も体内ではウイルスが盛んに増殖して、徐々に免疫の機能を低下させているので、この無症候期に適切な治療を行うことが重要です。
 治療の基本は、薬によってウイルスの増殖を抑え、エイズの発症を防ぐことになります。有効な治療法が開発された現在では、「病気の進行をコントロールしながら生活できる病気」と考えられるようになってきています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント