2013/10/25

エイズの現状

 「エイズ」は、「HIV」というウイルスに感染して起こる病気です。
 HIVに感染すると、体内でウイルスが増殖し、さまざまな病原体から体を守る免疫細胞が破壊されます。その結果、徐々に免疫の働きが弱まって病気への抵抗力が失われ、やがて通常ならかかることのないさまざまな合併症を起こすようになります。
 国内のエイズ患者・HIV感染者の数は、毎年増え続けています。その一方で、「HIV抗体検査」を受ける人は減少しています
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント