2016/10/27

脳力・肌力・体力のバランスを保つ

 ●日本抗加齢医学会が注目
  『健康長寿』の秘訣は身体が持っている
  3つの力の『バランス』を保つこと

  特に
  『老化を防ぐには脳力・肌力・体力を同時に高めることが必要』

 ●脳力・肌力・体力のバランスが保たれていると
  健康的に歳を重ねる人間本来の『寿命』である
  『125』歳まで生きられると言われている

   120歳〜125歳までは細胞のレベルでは生きられることが
   可能である考えられます。

 ●脳力・肌力・体力のバランスを保つ
  脳力
   全身の機能を正常に保つ力
  肌力
   全身の血流を良くし潤いを保つ力
  体力
   筋肉や新しい細胞を作る力

   バランスを保つことが、若さを保つことにつながる

   記憶力とかという脳の力が衰えるとか、肌では特に女性の方が
   老化・加齢を感じるところだと思います。そして体力です。
   今までは1つずつを高めようと各論的に言われていましたが、
   健康長寿というのは、これらのバランスが良い歳の取り方を
   しています。
   脳の力は、ホルモンや自律神経とかをコントロールする
   司令塔です。
   肌の部分は一番外側の目に見えて一番老化を感じる部分です。
   実は、全身の血液やリンパの流れを良くないと肌の潤いが
   良くなりません。
   そういうものが循環に関係あるんです。
   体力は筋肉と基礎代謝といわれる細胞の新陳代謝が関係してきます。
   これらが相互に非常に密接に関係しあっています。
   この中で、ある意味自律神経が司令塔で位置しているんです。
   このバランスが良いと若さが保たれているんです。

 ●バランスが崩れると・・・
  脳力
   ホルモン分泌・神経の働きが悪くなる
  肌力
   血液・リンパ・水分などの流れが悪くなる
  体力
   筋肉・基礎代謝の働きが悪くなる

    バランスを崩すと老化を早める結果に

   一旦、このバランスが何処かで崩れてしまうと、例えば脳の力
   ホルモン分泌或いは自律神経等の働きが悪くなってきますと、
   肌の方に指令する血液やリンパの流れなどが低下します。
   脳力が悪くなることによって特に成長ホルモンが筋肉の力を
   コントロールしていますので、体力もバランスを崩します。
   こういうものが相互に関連しあって老化を早めてしまいます。
   ですから、弱点を持ってはいけないんです。
   弱点を持たずにバランスの良い加齢をすることが、老化を
   防止・予防し健康に歳を重ねる秘訣になっています。

 ●年令と若さの関係
  脳力・肌力・体力のどれか一つだけ良くてもダメなんです。
  3つが協力し合ってバランスが取れるんです。
2016/10/21

首を柔軟にする

   ある魚介類に多い成分グルコサミンを3週間摂取した人の
   『72』%に首のすり減った椎間板の回復がみられ、
   関節の痛みも軽減し、柔軟性が高まった

   首の間にある椎間板という軟骨の板があるのですが、それを
   柔軟にして首が上手くきれいに曲がるように、ということなんです。

 ●ストレートネックの進行をくい止めて不快症状を予防・改善
  首を柔軟にするグルコサミンを多く含む魚介類は・・・?

  (1)エビ
  (2)イカ
  (3)アサリ
               答え(1)

  オススメは・・・
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  殻ごと食べられるサクラエビ  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    (グルコサミン食品)

   殻にたくさん含まれていますので、殻を食べることが
   良いことだと思います。


 ●注目情報
  サクラエビに多いグルコサミンの摂取と『ウォーキング』を
  併せることで、首の変形性頚椎症患者の『80』%が
  椎間板の弾力が戻り柔軟性も高まった!

   椎間板には血管がないので、歩くことによって、そこに栄養が
   浸透するんです。
   軽く上向きで、しっかり歩いていただくと良いです。
   早足でない方がよいです。
2016/09/18

肌の新陳代謝を助けるケイ素

 ●肌の新陳代謝
  肌の細胞をすべて合わせると『畳1畳分』の広さになる
  それが新しく生まれ変わるのに『2週間』

  粘膜の代謝は非常に早いです。ラッキョウのビタミンCとナイアシンが
  含まれると肌がドンドン代謝します。

 ●新陳代謝の流れ(肌)
  春になると、外的刺激が増えて肌が老化してきます。その時に、
  ケイ素があるとコラーゲンを活発化させます。そのコラーゲンは、
  新しい表皮を作ります。古いコラーゲンが排泄されて健全な皮膚に
  なります。健全な皮膚になると、春のアトピーにもなりません。

  粘膜の代謝は非常に早いです。ラッキョウのビタミンCとナイアシンが
  含まれると肌がドンドン代謝します。

 ●シミ・シワ・免疫力低下・体温調節機能低下を防ぐ
  ケイ素を多く含む食材

  ラッキョウ・マカロニ・オレンジ・リンゴ・コッペパン

   ケイ素とナイアシンとビタミンCの3点セットが肌を若返らせる
   最大の秘訣です。

 ●シミ・シワ・免疫力低下・体温調節機能低下を防ぐ
  肌の新陳代謝を活性化させるためには
  ケイ素とともに『ビタミンC』や『ナイアシン』を多く含む
  食品を摂ると良い
  おすすめは
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  ラッキョウ(1日3粒)  ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ●シミ・シワ・免疫力低下・体温調節機能低下を防ぐ
  肌の新陳代謝を活性化させるミネラル『ケイ素』を多く含む
  ラッキョウは『食前』に食べると効果的

   ラッキョウのケイ素は食物繊維によく吸収されます。それなので、
   空腹時に摂ると身体に一番吸収されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。